勉強に行き詰った時、気分転換は必要?気分転換の方法を紹介。

家でくつろぐ

大事な試験の勉強や受験勉強をしていると、やる気が無くなってしまうこともあるのではないでしょうか?

また、勉強しなきゃいけないと分かっているのに、どうしてもやる気になれないということもあるかもしれません。

そんな時は思い切って気分転換してみてはいかがでしょうか?

今回は気分転換の方法について紹介したいと思います!

なぜ、気分転換を取る必要があるのか?

「そもそも気分転換って必要なの?」と思う方もいるかもしれませんね。

気分転換が勉強の妨げになってしまったことが何回かあるという方もいるかもしれません。

私も何度か気分転換と言いながら何時間もぐうたらしてしまったこともあります(笑)。

確かに、勉強より気分転換を優先してしまうと勉強に悪影響を及ぼすことになるかもしれません。

しかし、気分転換をすることによって脳をリフレッシュさせ、勉強によりやる気を促進させてくれるようになるそうです。

でも、休みすぎには注意してくださいね(笑)

ある研究によると計算問題を連続で解かせた場合と、休憩を挟みながら計算問題を行わせた場合では後者の方が成績は良かったそうです。

そのため、適度な休憩や気分転換はむしろ効果的であると考えられているわけですね!

気分転換の方法

音楽を聴く

音楽を聴くこと脳をリラックスさせるには最適だと言われています。

自分の好きな曲を聴くことで、勉強のことを忘れることができるので良い気分転換になるのではないでしょうか?

私の場合は歌うことが好きだったので好きな曲を聴いていると歌いだしたりしてしまうことがありました(笑)

そのため、経験上歌うのが好きな方は歌詞のないものを聞く方が受験勉強に支障をきたさないかもしれません。

そんな方におすすめなのがクラシックです!

歌詞がないという理由だけではありません。

クラシックには脳をリラックスさせる効果があるそうです。

確かに、落ち着いた雰囲気のあるクラシックの曲ならば気分も落ち着く気がします。

聞く曲に困っている方や、つい歌いだしてしまうような方はクラシックを聴いてみるのもいいかもしれませんね!

短い睡眠をとる

脳が疲れたと思ったら、思い切って少し睡眠をとってしまうのもいいかもしれません。

10~15分の睡眠でも脳の疲れは軽減することができるそうです。

そうはいっても、知らぬ間に何時間も寝てしまっていて後悔した経験がある方もいるのではないでしょうか?

私も寝るのが好きでアラームを15分にセットしても、ついもう少しと思って時間を伸ばしてしまい2時間寝てしまったということもあります(笑)。後悔…。

しかし、そんな後悔をしないで済む方法があります!

それは、横になって寝るのではなく座ったまま睡眠を取ることです!

意外と単純ですよね。なぜ気づかなかったのでしょうか…(笑)。

座った状態で寝ると、すぐに勉強の態勢に戻ることができるため寝すぎるといったことが起こりにくいのではないでしょうか?

そのため、気分転換で睡眠を取ろうとするならば、座った状態で寝るなどしてすぐに勉強に戻れる態勢を整えておく方が良いと思います。

どうしても横になりたい場合は、アラームをセットしてアラームを手を伸ばしても取れないところに置いておくと良いのではないでしょうか?

そうすれば無理にでも体を起こすことになるので、起きれるかもしれません!

私自身もよく勉強に集中できなくなった時には、少し睡眠をとってから勉強するようにしていました。

そうすると脳がすっきりした気分になり勉強にまた集中して取り組むことができるようになりました。

また、一度寝たことでなぜかさっきまで躓いていた問題が寝た後は解けるようになっていたりしました。

脳内が、寝たことにより整理されたのでしょうか?

軽い運動をする

気分転換に軽い運動をするのもいいかもしれません。

体を動かすことによって血行が良くなり、頭の働きもよくなるそうです。

また、交感神経も働いてくれるので、脳も活動状態になってくれると思います。

ただし、激しい運動は逆効果になってしまうかもしれません。

激しい運動により疲労が溜まり、勉強どころではないとなってしまっては本末転倒です。

気分転換のための運動ならば軽めにしておいた方がいいかもしれません。

私は運動が苦手だったのでこういった気分転換は向かなかったのですが、周りの友人は軽いジョギングをしてから勉強しているような子は見かけました。

また、走った後の方が集中できるとも言ってました。

体を動かすのが好きな方は良い気分転換になるかもしれませんね!

友達と遊ぶ

思い切って友達とどこかに遊びに行くのはどうでしょうか?

友達と話したり遊ぶことでよい気分転換になるのではないでしょうか?

ただし、友達も勉強のスケジュールがあるかもしれません。

もし、友達を遊びに誘うときは友達側のスケジュールに気を使ってあげた方が良いと思います。

お互いにスケジュールが合えば、その時は勉強を忘れて遊ぶのが良いと思います。

私自身も何か月かに一回は友人たちと予定を合わせて、カラオケに行った記憶があります。

思いっきりリフレッシュすることができたので、その後の受験勉強に集中することができました。

公園に行ったり散歩したりする

太陽の光を浴びたらよい気分転換になるのではないでしょうか?

公園のベンチに座ってのんびりするのも良いと思いますし、ぶらぶら散歩するのも気分転換になると思います。

外の空気を吸うとなぜか落ち着きますよね。

家の中での勉強に行き詰ったときは、外に出て気持ちを入れ替えてみると良いかもしれませんね!

その他

その他にも一人カラオケに行って思いっきり歌って発散するのも良いと思いますし、家でテレビを見る映画館で映画を見て気分転換するのもいいかもしれません。

読書が好きならば本を読むのも良いのではないでしょうか?

私の場合はカラオケが良い気分転換になりました。

それぞれ人によって気分転換の仕方は十人十色だと思うので、自分に合った気分転換の方法を見つけられると良いと思います!

気分転換が優先にならないように…

気分転換を取ることは大事ですが、気分転換の方が長くならないように気を付けた方が良いと思います。

私自身も寝たらついうっかり寝過ごしてしまったという経験もあります。

そうならないために、気分転換する時間を何分と決めておくと良いかなと思います。

また、勉強の目標を決め、その目標を達成したらご褒美に気分転換をすると考えておくと勉強優先に考えられるかもしれませんね。

勉強する時はする、休むときは休みとメリハリをつけておくと勉強を再開しやすいと思います。

気分転換を上手に取り入れ勉強の効率をアップさせましょう!

まとめ

勉強に行き詰ってしまうことは誰しもがあることなのではないでしょうか?

そのために自分なりの気分転換があると受験勉強も捗るのではないでしょうか?

自分に合った気分転換が見つかったら試してみるのもいいかもしれませんね!

気分転換と勉強のバランスを上手にとり、受験勉強頑張ってください!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする