子供の成績は親の接し方次第で変わる?ポジティブな行動が子供を前向きに。

考える女の子

子供にいくら勉強するように言っても全然やる気を出してくれないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

私自身も塾講師の仕事を始めたばかりの時は、どうしたら積極的に取り組んでくれるのか悩みました。

しかし、接し方に気を付けるようになってから前向きに取り組んでくれる生徒も増えました!

今回は、子供たちとの接し方について話したいと思います。

前向きな発言を心がける

can

皆さんは、自分の子供がテストであまりよくない点数を取ってきたときや同じ問題を何度も間違えてしまっている時、どんな言葉をかけるでしょうか?

「こんな問題でなんで間違えるの?」、「この問題前も間違えたじゃん。なんでまた同じミスするの?」でしょうか。

実はこういったネガティブな発言が子供のやる気をなくす原因になるかもしれません。

私自身は生徒の成績が思わしくなかった時も、まずは励ますようにし、できているところを探し、そこを褒めるようにしています。

また、できなかった問題もどこで間違えたのかを分析し、叱るのではなくアドバイスするように心がけています。

例えば、答えは間違っていたけれど途中式が合っていたら、

「途中式はしっかり書けているから、あとはミスに気を付けるだけだね。見直しをしたらきっと解けたよ。」

といったようにアドバイスしてあげると、子供も次は頑張ろうとなってくれると思います。

できるだけ前向きな言葉をかけてあげることで、次に繋げようという気持ちになってくれるのではないでしょうか。

子供自身も点数を取れなかったことには危機感は感じていると思います。

そこに追い打ちをかけるように叱るような行為をしてしまうと、子供はやる気をなくしてしまうかもしれません。

できたことをまずは褒めてあげると良いと思います!

否定せず、肯定的な言葉を心がける。

親指を立てる

また、子供たちへ一方的に「勉強しなさい」のような命令口調になってしまうことはありませんか?

勉強しないことに苛立ちを感じてしまうかもしれませんが、そこは感情を少し抑え、そのような否定的な言葉は控えた方がいいかもしれません。

否定的な言葉を言いすぎると子供は反抗的になり、その言葉に逆らうように勉強しなくなってしまうかもしれません。

時には、そのようにきつめに言う必要があると思いますが、言い過ぎには注意が必要です。

勉強するように促すときは命令口調にならないように肯定的な言葉を心がけると良いかなと思います。

私の場合は勉強をなかなか取り組んでくれない生徒に対しては、まず肯定的な言葉を掛けます。

一見やる気がないように見えても、その子自身は頑張っているつもりかもしれません。

そのため、私の場合は「頑張れ!」や「ちゃんとやって。」といった言葉の代わりに、「頑張ってるね。」「ここまで良く取り組んだね。もう少しで目標達成だね。」のような言葉を掛けます。

「頑張れ」は肯定的な言葉じゃないの?

と思うかもしれません。

頑張れもやはり命令口調に変わりはありません。

そのため、普段塾内では言わないように気を付けています。

肯定的な言葉を掛けてあげると、案外それだけでもまたやる気を取り戻してくれます。

肯定的な言葉を心がけることで前向きに取り組んでくれるかもしれません!

勉強に協力的であるか

娘に勉強を教える父親

勉強に協力的であるかも大事になってくると思います。

子供の進路に対して無関心であったり、勉強に対してコミュニケーションをしっかり取れていないことも影響が出てきてしまうかもしれません。

進路に対して子供自身に任せるというのも大事なことだと思いますが、あまりに勉強を見てあげないことは子供たちに何かしらの影響を与えてしまうかもしれません。

子供自身の希望の進路を理解し、そこに導いてあげられるように子供の学習状況を理解しておくことも大事なのではないかと思います。

普段からコミュニケーションを取ることで子供がどうしたいのかが見えてくるかもしれません。

1日少しでも子供と話す時間を作れると良いのではないでしょうか?

また、子供が勉強しやすいような環境を整えてあげることも大事だと思います。

例えば、私の勤めている塾のある親御さんは子供が勉強をしている時間は自分もテレビを我慢するようにしているそうです。

また、試験が近いときは子供自身の予定を崩さないようにしてあげるようにしているそうです。

子供が何か我慢している時は自分も何かを我慢できると子供たちは変わってくれるかもしれませんね。

まとめ

今回は子供たちへの接し方について紹介しました。

子供たちが勉強に前向きになってくれることは、なかなか難しいことだとは思います。

しかし、前向きな言葉を心がけることでやる気になってくれるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする