英語の読解問題が苦手。読み方と解き方のコツは?

文法や単語はある程度覚えたのに、英語の読解問題になると読むのが遅くなってしまったり、英単語の意味が思い出せず、途中で読むのが止まってしまったりすることがある人もいるのではないでしょうか?

今回は、英語の読解問題の読み方と解き方のコツを紹介したいと思います!

英文

スラッシュリーディングで英語を前から読む

スラッシュリーディングという読み方をご存知でしょうか?

スラッシュリーディングとは、英文を前から区切りながら読んでいく方法です。

英語と日本語では動詞と目的語の順番が逆になっているために、普通、日本語訳を書くときは英語を後ろから訳していかなくてはならないと思います。

しかし、それを読解の時にいちいちしてしまうと時間のロスになってしまいますよね?

それを改善するために、後ろから訳さないで前から英文を区切って読んでいこうというのがスラッシュリーディングです!

たとえば、次のような英文があったとします。

The man standing under the tree is my brother.

普通に日本語訳しようとすると、「その木の下で立っている男性は私の弟です。」になると思います。

しかし、このように後ろから整理して読んでしまうと時間がかかってしまうかと思います。

では、これをスラッシュリーディングで読んでみたいと思います。

たとえば、次のように区切ってみると、こう訳せると思います。

The man standing/ under the tree/ is my brother.

その男性は立っている/その木の下で/私の弟です。

違和感は感じると思いますが、十分意味が伝わると思います。

また、後ろから読んでいないことに気付きましたでしょうか?

こちらの方が英文を素早く解読できると思います。

どこで切ればいいのか分からないと思う人もいるかもしれませんね。

基本的に切るところは、訳し方があまりにも不自然にならなければどこで切っても大丈夫だと思います!

私の場合は前置詞の前や動詞の前などを目安に区切っています

スラッシュリーディングは慣れるととても便利なので、気になる方は試してみると良いのではないでしょうか。

英文を日本語に訳さないで読む

これは少しレベルが高いかもしれませんが、できるようになると読むスピードが一段と上がります。

こちらも基本的に前から読んでいくことになります。

スラッシュリーディングを頭の中でできるようになると、日本語に訳さずに読めてくると思います。

私も日本語へ訳さずに読むことに慣れるのに1か月近くかかりましたが、慣れると今まで以上に早く読めるようになりました。

また、日本語に訳さないで読むのにはもう一つメリットがあります。

それは、日本語では表現しにくい英文を感覚的に理解できることです。

単語の意味は知っているのに、うまく訳せないということが起きたことはありませんか?

私は何度かありますが、日本語に訳さないで英文を読むようにしてからは何となくの感覚で解釈できるようになりました。

これは読解の時の大きなメリットになると思います。

単語の意味にとらわれなくなるので、すんなり英文を解釈できるようになると思います!

知らない単語があっても気にせずに読み進める

知らない単語が出てくると、ついそこで止まってしまうということがあるかもしれません。

しかし、知らないものは仕方ないので気にせず読むと良いと思います。

知らない単語はそのあとの英文にヒントが隠されているかもしれませんし、全体を大雑把に訳したときにどんな意味の単語か解釈することができることもあります。

文型をしっかり理解できていれば、単語の意味が分からずとも英文の意味は理解できることがあるので、気にせずに読み進められると良いと思います。

パラグラフリーディングで大雑把に内容を捉える

パラグラフごとに内容を理解しておくことは大事なことだと思います。

一文一文が正確に訳せずとも、パラグラフごとに内容を理解していれば問題を解く際に役立つと思います。

パラグラフごとにどんな内容なのかを言えるように、要約の練習もしておくと良いと思います。

問題文を先に見て、解ける問題を先に解いてしまう

さて、いままでは読み方についてお話ししましたが、次は読解問題の解き方についてお話ししたいと思います。

読解問題の中には全文を読まなくても、部分的に文章を読めば解ける問題もあることがあります。

読解問題とは言っても、文法問題や日本語訳の問題、単語の意味の問題など全文を読まずとも解ける問題は含まれていることもあるのです。

実際問題を見てみると、本当に全文読まなきゃ解けない問題は1,2問しかなかったこともあります。

そのため、まず先に問題文を見てみて、解ける問題から解くと良いのではないかと思います。

疑問詞に着目する

疑問詞を見て答えを探すことが大事だと思います。

たとえば、問題文に「when~」から始まっている場合、答えは時を表す言葉が答えとなるはずです。

そのため、読解文から時を表す言葉のみに的を絞って探すと答えの箇所をすぐに見つけられると思います。

まとめ

今回、読解問題の読み方と解き方のコツを紹介しました。

英文を前から読めるようになると、速読に繋がると思います。

また、分からない英単語は周りの英文から解釈するといいともお話ししました。

パラグラフごとに内容をまとめておくことで、文章も整理されると思います。

読解問題が苦手という方に参考にしてもらえたら嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする