入試本番で失敗しないためのメンタルの鍛え方。本番に強くなろう!

祈る女性

皆さんは、本番に強いタイプですか?

中には、メンタルが弱くてお腹を壊したり、極度に緊張してしまったりする方もいるのではないでしょうか?

私の塾にも過去数人は本番に弱いタイプの子がいて、実力が発揮できずに入試を終えてしまった子もいました。

受験本番そのような理由で、失敗したら悔しいですよね?

では、受験メンタルはどのように身に付けたらいいのでしょうか?

今回、受験本番までにどのようにしてメンタルを鍛えたらいいか紹介したいと思います!

模試をうまく利用する

受験生になると模擬試験を受けることも多くなると思います。

その模擬試験の時間をうまく利用することをオススメします!

模擬試験は自分の今の実力を知ることのできるものですが、その他にも受験の雰囲気を感じることのできるものだと思います。

模試ではただ問題を解くだけでなく、本当に今日が受験本番のつもりで受けると良いと思います。

本番を常に意識して解くことで、受験の緊張状態にだんだんと慣れ、本番でも適度な緊張で落ち着いて解くことができると思います。

正確にイメージすることでより効果はあると思います。

朝は実際に何時に起きるべきなのか、持ち物は、テストでの時間配分はどうするか、休み時間はどう過ごすか、、、など具体的に受験をイメージしておくと良いと思います。

模試を繰り返し何度も受けることで受験本番のイメージができてくると思います。

私も受験生の時は模試の際は受験本番をイメージして解くようにしていました。

あまりにも模試を受けすぎて本番、緊張がほとんどなくなってしまったことはあまり良くないことだったのかもしれませんが、おかげで落ち着いて解くことはできました。

そのため、生徒自身にも本番を意識して模試を受けるようによく言っています。

模擬試験はイメージトレーニングの為の模試でもあると思って受けると良いと思います。

時間を気にしながら勉強する

入試本番は科目ごとに制限時間があります。

常日頃、時間を意識していないと本番時間の短さに焦ってパニックになって解けなくなってしまうということも起こりかねませんよね?

そのため、普段から時間を意識して勉強する習慣をつけておくと良いかと思います。

過去問を解く時は、本番と同じ制限時間で解くようにすると本番で極端にパニックを起こしたりしないで済むかもしれません。

私の場合は、国語や英語は制限時間がほぼ毎回ぎりぎりだったので、過去問や問題演習の際は、時間配分にも気を配って解いていました。

気持ちの入れ替え

模試の結果が悪かったり、調子が悪いときどうしてもネガティブな気分になってしまうかもしれません。

しかし、本番でもどこかで失敗することも考えられます。

その時に気持ちを入れ替えられないと、後を引きづってその後もうまくいかなくなってしまうこともあると思います。

私の友人の話ですが、その子は数学が得意でした。

しかし、その当時のセンター試験の数学ⅠAは例年より難しく、あまりできなかったそうです。

そこで気持ちがうまく切り替えられず、次の数学ⅡBにも引きずってしまい、そちらもうまくいかなかったそうです。

私はできなくても切り替えていこうという気持ちで当日試験に臨みました。

私も数学ⅠAは同じように躓きましたが、気持ちを切り替えて次に臨めたため数学ⅡBはいつも通りの点数を取ることができました。

気持ちを切り替えられるようにするために、普段からマイナスなものもポジティブな考えにする練習をしておくと良いかもしれません。

例えば、模試の成績が悪かったとしても、

「今回成績は悪かったけれど、自分の弱点を知ることができた。次同じ問題が出た時は解けるようにしておこう。」

と考えていけるとポジティブに考える習慣がついてくるのではないでしょうか。

本番でも終わったことは仕方ない次に切り替えようという気持ちを持てると良いと思います。

どうしても気持ちが切り替えられなさそうなときは、何か自分なりにリフレッシュできるものを用意しておくと良いかもしれません。

私の場合は音楽を聴いたり、ケータイをいじったりして終わったテストのことを忘れるようにしていました。

自分は何をしたら心が晴れるのか知っておくと良いかもしれません!

まとめ

受験は少なからず、緊張するものだと思います。

自分では緊張していないと思っていても、今までしなかったミスをすることもあるかもしれません。

私の場合も本番に限って、マークシートの解答欄を2回もずらしてしまいました。

しかし、普段から本番を意識して解いていたのでマークずれにも気づけました。

普段から本番を意識しながら模試を受けたり勉強することで、メンタルも鍛えられていくのではないでしょうか?

皆さんの受験を応援しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする