カラオケでは喉がいつも痛くなる。腹式呼吸を意識するだけでも変わる?

歌っているイラスト

歌を上手に歌うためには腹式呼吸が大事だと言われます。

私もボイストレーニングの先生からは腹式呼吸については耳にたこができるほどによく言われ、レッスンの初めは必ず腹式呼吸の確認から始まります。

しかし、腹式呼吸ってそもそもどんな呼吸なの?

どうやって練習すればいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか?

今回は、腹式呼吸とはどういったものなのか、また練習方法を紹介したいと思います!

腹式呼吸とは

呼吸法には2種類あることを知っていますか?

呼吸法には胸式呼吸腹式呼吸の2種類があります。

胸式呼吸とは、肺を膨らませてする呼吸です。

息をする時に肩が上がったりしませんか?

それが胸式呼吸の特徴です。

息を吐いたときにおなかが膨らみ、吸う時におなかが凹みます。

腹式呼吸は横隔膜の上下によってする呼吸方法です。

見かけは吸うときにお腹が膨らみ、吐くときにお腹が凹みます。

寝ている時はこの腹式呼吸になっているそうです。

つまりは、リラックス状態にあるということですね。

では、なぜ歌うときはこの腹式呼吸が大事なのでしょうか?

それは、呼吸のコントロールに関係しています。

腹式呼吸は空気がお腹に溜められていくイメージがあると思います。

そのため、息を吐く際に安定して吐くことができます。

そうすることでお腹を支えて歌うことができ、安定して音を出すことができるようになると思います。

また、腹式呼吸はリラックス状態の時の呼吸なため、余計な緊張状態なく呼吸できます。

そのため、喉に力を入れずに歌えることに繋がります。

私自身は小学校の時には合唱部、中高と吹奏楽部であったということもあり腹式呼吸自体はそんなに苦労せずにできたのですが、中にはいまいち腹式呼吸のやり方が分からないという方もいると思います。

そこで腹式呼吸の練習方法について紹介したいと思います。

腹式呼吸の練習方法

腹式呼吸のコツとして丹田(たんでん)という場所を意識して行うと良いそうです。

私自身も丹田の場所は知らなかったのですがおへそのすぐ下あたりにあるそうです。

私もボイストレーニングの先生に言われたときはどこだろう悩みましたが、お腹をおへそあたりを意識して凹ませたり、膨らませたりすると分かると思います。

そうはいってもお腹を膨らませたり凹ましたりすること自体に難しいと感じる方もいるかもしれません。

足を伸ばし座り、壁に背中を付けてみてください。

壁にもたれるイメージでしょうか?

そうするとお腹が膨らんだり凹んだりしませんか?

それが腹式呼吸のイメージです。

もしそれでもイメージがつかない場合は、一度仰向けになると良いと思います。

おそらく息を吸うときにお腹が膨らむのではないでしょうか?

それが腹式呼吸です。

また、息を吐くときに「スーッ」という音を出してみると良いかもしれません。

あ、舌の力は抜いておいた方がいいかもしれません。

その方が呼吸がうまくいくと思います!

イメージがついたら今度は立って腹式呼吸に挑戦してみるといいと思います。

慣れてきたらお腹を自然と使って歌えるようになると思います。

本当はお腹周り全体を動かして呼吸する方が良いそうです。

できるようになったら風船のように全体を膨らませる練習もするといいと思います。

また、腹式呼吸は息を吐くときにもおへそあたりを中心に向かって締めていくイメージが必要だそうです。

私自身もそれがどういった感覚なのか少し時間がかかりましたが、最近だんだんと感覚がつかめてきた気がします。

もし分かりづらいならば、片足に重心をかけ腹式呼吸を行ってみてください。

そうするとおへそあたりが締まるような感覚がないでしょうか?

それが締める感覚のようです。

それを意識して歌うようにしたら高音も安定して出せるようになった気がします。

腹式呼吸になれてきた場合は、試してみると良いかもしれません!

まとめ

今回、腹式呼吸について説明しました。

腹式呼吸が自然とできるようになると、呼吸のコントロールが上手くなりロングトーン高音発声にも役に立ってくるそうなので身に付けておくと良いかもしれませんね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする