三木秋祭り(大宮八幡宮)。ふとん屋台太鼓は見逃せない!

10月上旬にに行われる「三木秋祭り(大宮八幡宮)」についてまとめました。

播州三大祭りの一つと言われているお祭りですが、毎年「ふとん屋台太鼓」が大きな盛り上がりを見せています!

それでは、「三木秋祭り」の詳細や見どころ、アクセス情報などについて紹介します♪

播州の秋祭り

三木秋祭りとは

三木秋祭りとは、播州三大祭りの一つと言われており、毎年、2トンものふとん屋台太鼓が町ごとに8基担がれます。

そして、一番の見どころとなるのが、屋台の宮入だと思います!

宮入りする際になんと85段もの石段を上らなければなりません!

2トンもの屋台を85段先の神社に運ばなければならないわけですから、宮入の際は緊張が走ることでしょう。

階段を上る前には、掛け声や唄を歌い、気を入れてから一気に運び上げます。

そして、無事運び上げられた時は、思わず周りも拍手をしてしまうくらい感動するかと思います!

町ごとに屋台もそれぞれ異なり、どれも立派で豪華な屋台になっています!

ちなみに、宮入は昼宮夜宮が行われます。

2018年三木秋祭り(大宮八幡宮)の詳細

今年の三木秋祭り(大宮八幡宮)は10月6日(土)~7日(日)の合計2日間行われます!

多少の雨ならば予定通り行われるかと思いますが、荒天の場合は中止になるかもしれませんのでご注意ください。

2018年三木秋祭り(大宮八幡宮)
日程 10月6日(土)~7日(日)
開催場所 大宮八幡宮
住所 兵庫県三木市本町2-19-1
マップ
お問い合わせ 0794-83-8400(三木市観光協会)

出店はあるの?

屋台の様子

出店もわずかですが出ています

昔ながらのたこ焼きや焼きそば、金魚すくいなどがあります。

そのため、子どもでも楽しめるお祭りとなっています!

立派な屋台を楽しみつつ、出店回りも楽しんじゃいましょう!

アクセスについて

アクセス情報についてまとめておきます。

電車でのアクセス

神戸電鉄「三木駅」下車後、徒歩10分で目的地に着くことができます。

車でのアクセス

山陽道三木小野ICから国道175号経由すると約3分で目的地に着くことができます。

しかし、お祭り公式の駐車場はないです。

また、お祭り会場付近にコインパーキングも見当たりませんでした。

駐車場もないですし、お祭り当日は道路が混雑する可能性もあります。

そのため、私は電車で行くことを推奨します。

まとめ

今回は三木秋祭りについてご紹介しました!

85段もの石段を駆け上がる2トンの屋台は圧倒されます!

ぜひ、行った際は見てみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする