南総里見まつり2018。日程は?伏姫と八犬士の戦国絵巻や24基の神輿の競演は見どころ!

Pocket

今年で第37回目を迎える「南総里見まつり」についてまとめました。

毎年、房州を舞台にした「南総里見八犬伝」の戦国絵巻や約200名の武者行列、24基の神輿や山車の競演が見事なお祭りです!

夜には、海をバッグに大きな打ち上げ花火を見ることもできます。

それでは、このお祭りの詳細や見どころ、アクセス情報について紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

南総里見まつりとは

館山城

南総里見まつりは、今年で37回目を迎える館山市で行われるお祭りです。

ここ館山市は今からおよそ500年前の室町時代後期から房総里見氏により「安房国」として治められていたようです。

足利氏に最も近い立場にいましたが、次第に勢力を伸ばし、房総半島全域に拡大し、大きな影響力を持ちました。

館山城は1591~1614までの24年間、里見氏の本拠地として置かれていましたが、里見忠義により倉吉に居城が移されました。

今では、城山公園の山頂に八犬伝博物館が建っており、八犬伝について詳しく知ることができます!

2018年の南総里見まつりの詳細

南総里見まつりは10月20日(土)1日のみ行われます!

雨が降っても予定通りに行われるかと思います。

嵐など天気が荒れている場合は、公式HPでお祭りの状況を確認しておくと良いかと思います。

南総里見まつり(2018)
日程 10月20日(日)
時間 10:00~19:30
開催場所 館山駅西口・北条海岸特設会場
住所 館山市
マップ 館山駅

北条海岸

お問い合わせ 0470-22-2000(南総里見まつり実行委員会)

詳しいイベントスケジュール

イベントスケジュールについてまとめておきます。

時間 イベント
11:20~ 里見芸能祭
12:30~ 開会式
13:00~ 出陣式
13:30~ 武者行列出発
14:40~ 神輿、山車、御船、屋台のパレード
15:00~ 「南総里見八犬伝」戦国絵巻
16:30~ 山車、御船、屋台、神輿が海岸前に集結
18:15~ 打上花火
10:00~19:30 ご当地グルメ・物産まつり

屋台は出るの?

このお祭りでは、グルメ祭りも行われており、たくさんの屋台が出ています

海が近いために、海産物の屋台なんかも出ていますよ!

普段、あまり見かけない屋台もたくさんあるので、いろいろと回ってみるといいかもしれません。

南総里見まつりの見どころは?

南総里見まつりの見どころは、大きく分けて3つあるのではないかと思います。

それぞれの見どころについて紹介したいと思います!

スポンサーリンク

武者行列

この武者行列は館山駅西口~北条海岸通りを伏姫や八犬士、甲冑隊が総勢200名近くがパレードを行います

この約200名は一般募集により選出されているようですよ。

長い行列を作って、行われるパレードはとても迫力があります!

戦国絵巻

武者行列が終わると、北条海岸の特設会場で南総里見八犬伝を再現した戦国絵巻が見られます!

選ばれた伏姫や八犬士がひとりひとり自己紹介をしていきます。

八犬士の演武や槍隊の槍を振り回すパフォーマンス、火縄銃の実演は見事です

特に、私は槍隊のパフォーマンスは息がぴったり合っていて好きですね。

クライマックスには北条氏と里見氏の戦いが見ることができ、最後に勝利の勝どきを行って幕を下ろします。

そもそも南総里見八犬伝についてあまり知らない人もいるかもしれません。

いったいどのようなものなのでしょうか?

南総里見八犬伝の概要

南総里見八犬伝は、室町時代後期を舞台にしたものであり、滝沢馬琴により書かれたことを知っている人もいるかもしれませんね。

この作品は48歳から75歳までの長きにわたって作り上げ、なんと106冊にも渡ると言われています!

途中失明をするといったハプニングもあったようですが、妻であるお路に口頭で伝え、なんとか仕上げたと言われています。

この物語は、主な登場人物が伏姫と八犬士の9人がいます。

八犬士には牡丹のあざが体のどこかにあり、仁、義、礼、智、忠、信、孝、悌と書かれた玉を8人が異なって持っています。

また、八犬士の名前の頭文字は「犬」から始まっているのも特徴的です。

八犬士の名前は、

  • 仁:犬江 親兵衛
  • 義:犬川 荘助
  • 礼:犬村 大角
  • 智:犬坂 毛野
  • 忠:犬山 道節
  • 信:犬飼 現八
  • 孝:犬塚 信乃
  • 悌:犬田 小文吾

です。

伏姫との因縁で八犬士はお互いに導かれ里見家の下に集まり、北条家との戦いを何度も繰り返し、里見家を守るために戦うというストーリとなっています。

この戦国絵巻でも、この作品の展開部分を見事に再現してくれています!

神輿、山車、御船、屋台が海岸前に集結!

夕方から夜にかけて行われる総数24基の神輿や山車、御船、屋台の競演は見ごたえがあることでしょう!

神輿や山車から漏れる光が、海岸沿いに並ぶのでとてもロマンチックです。

さらに、そこに打ち上げ花火が上がることで、一つの芸術作品が出来上がります!

一列に並んだ神輿や山車たちが花火によりとても神々しいです。

とても豪華なクライマックスが見れるかと思います!

アクセス方法

アクセス方法についてまとめておきます。

電車でのアクセス

JR内房線館山駅下車後、西口を出てすぐの所に会場があります。

車でのアクセス

富津館山道路「富浦」ICより約5㎞の所にお祭り会場があります。

しかしながら、お祭り公式の駐車場は用意されていないようなので、コインパーキングに止めると良いかと思います。

館山市内にある駐車場です。

しかしながら、駐車場の数もそこまで多いわけではなさそうです。

当日は、交通規制もあり道路も大変混雑することが予想されます

そのため、電車を利用することを推奨します。

スポンサーリンク

まとめ

房州を代表とする作品「南総里見八犬伝」に関連するお祭り。

朝から夜まで見どころがたくさんあることを知って頂けたのではないでしょうか?

一度、「南総里見まつり」を訪れてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする