勉強の集中力を高める方法

勉強になかなか集中できない!

どうしても誘惑に負けてしまう!

ってことありますよね。

今回は勉強に集中する方法について紹介したいと思います。

適度に休憩を挟むことが、勉強持続のカギになる?

長時間勉強し続ければ成績が上がるって思っている方もいるんじゃないでしょうか?

実は、その考え方は間違っているかもしれません。

人の脳は30分勉強したあたりからだんだんその作業にだんだんと疲れてきてしまうそうです。

そのため、それ以上勉強しようとしても脳が拒絶してしまうそうです。

1時間やるぞ!

って思っても、半分はほぼ集中力が切れている状態になってしまうそうです。

それでは、どうすればいいのでしょうか?

それは、脳が「つかれた!」と思う前に、休む方がいいそうです。

だいたい30分やったら10分の休憩を取るといった感じでしょうか?

そうすると脳はその作業に苦痛を感じる前に休むわけなので、長い時間集中して勉強することができるらしいです! 

勉強は楽しんでやりたいと思いませんか?

適度に休憩を挟みながらやると効率アップかもしれません!

でも、休みすぎには注意しましょう(笑)

脳にとって良い食事を心がける

脳が活性化することで、集中力は高まるそうです。

脳を活性化させるものとして、水分補給ビタミンB類の摂取糖質制限などがあるそうです。

水部補給をしっかりすることで、脳への血流が良くなり脳の疲れを軽減することができるそうです。

それによって集中力を高めることができるかもしれません。

ビタミンB類には、神経を整える働きがあるそうです。

ビタミンB類を多く含む食べ物には豚肉があげられます。

神経を整えたいと思ったら豚肉を食べるといいかもしれないですね。

そして、あと一つが糖質制限です。

少し意外に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

脳の血糖値が急激に下がると、集中力は下がってしまいます。

炭水化物や甘いものを食べると、脳は血糖値を下げようとインスリンが分泌されます。

それによって、集中力が低下してしまうというわけです。

大事な試験前には甘いものや炭水化物を控えてみるのもいいかもしれませんね!

音楽が集中を妨げることも、、、

勉強するときに音楽を聴く人もいるんじゃないでしょうか?

音楽を聴きながら勉強することは悪いことではないです。

しかし、注意も必要です。

歌詞ありの音楽は、どうしても歌詞が気になって集中できないということが起こりえます。

音楽を聴くときは、歌詞の入ってないようなものを聴くのがいいかもしれませんね。

また、音楽の聴きすぎも、脳が疲れる原因になるかもしれないので、適度に聴く方がいいと思います。

音楽を聴きながらやる場合も30分を目安にするといいと思います。

まとめ

今回、三つの集中力を上げる方法について紹介しました。

適度な休憩、脳に良い栄養を取る、音楽の聴き方。

脳を良い状態にしておくことが大事なポイント

ということですね!

全ての人に当てはまるわけではないですが、参考にしていただけたらと思います。

ここまで見て頂きありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする