勉強ができる子とできない子の3つの違いとは・・・

子供の成績が上がらない・・・

いくら言ってもやってくれない。

そんな悩みを持ったことのある方もいるんじゃないでしょうか?

でも中には、何も言わずとも勉強をする子っていますよね。

実はこの違い、勉強への取り組み方の違いが原因かもしれません。

今回は私の経験もかねてその違いを3つ紹介したいと思います。

1、問題でバツが多いのはできる子の方?

「間違えが多いのって、できない子の方じゃないの!?」

と思うかもしれません。

実は、成績のいい子の方が宿題確認をしてみると、バツがそこそこあります。

逆にあまり勉強が得意でない子のノートを見てみると丸が多かったりします。

それでも、テストではあまり点数が取れないようなことがありえます。

なぜ、テストで点数を取れないのか? 

もしかしたら後者は解説ページを見ながらやっているかもしれません。

そうすると、間違いがほとんどないような状態ができます。

逆に、できる子は解説はしっかり読んで、問題を解くときは何も見ない。

間違えた問題は後で解説を見て、納得する。

そうすると、次似たような問題が出た時にはしっかり解けている状態が作られます。

勉強ができない子は間違いを恐れているかもしれません。

間違えていいんだということをうまく伝えられるといいと思います。

あまりできないことを責めるようなことはしない方がいいかもしれません。

2、質問のしかたが的確 

できる子は質問上手だと思います!

自分でどこが分からないかを明確に認識しています。

そのため、自分が納得のいかなかった部分をしっかり聞けるので、より理解が深まります。

あまり勉強が得意でない子は、まずそんなに質問をしない傾向にあると思います。

分からないところがあるか聞いてみると、どう質問したらいいのか分からないのか、黙ってしまう傾向があると思います。

こういった子が勉強ができるようになるには質問力を鍛える必要があると思います。

何でもいいから質問を一日一回するといった目標を決めるなどすると少しずつ身についてくると思います。

時間もかかるので、長い目で見ていってあげる必要があると思います。

3、課題はしっかりこなしてくる

 できる子はほぼ毎回しっかり課題提出をしてくれる傾向にあると思います。

また、間違えた問題は見直しもしてきてくれるので、次にはできるという状態ができています。

あまり勉強が得意でない子は課題をこなしてはくれるものの、解説を見ながらやったり、間違えたものはそのまま放置してしまう傾向があります。

そのため、いざテストとなっても点数が取れないことがありえます。

しっかりとした課題の取り組み方を教えるだけでも、成績に変化は出てくると思います。

まとめ


いかがでしたでしょうか?


できない子からできる子になるには、難しいことだとは思います。

しかし、今回紹介したものを改善するだけでも変わってくるかもしれません。

ここまで見て頂きありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする