勉強に前向きになってくれるかは接し方で変わる?

子供が勉強をしない。

そんな悩みを持ったことがある人もいるのではないでしょうか?

ですが、接し方ひとつ変えるだけでも、子供は意欲的に勉強をしてくれるようになるかもしれません。

では、どんな風に接すればいいかを紹介したいと思います。

否定しない

どんな小さな疑問も否定しないことが大事だと思います。

否定されると落ち込んだりやる気をなくしたりすることってありますよね?

子供たちは心が大人と比べて繊細なところがあります。

そのため、普通だったら笑ってしまうような疑問も真摯に受けとめるようにすることが大事だと思います。

私たちにとっての当たり前はその子たちにとっての当たり前ではないかもしれません。

どんな質問も一緒に考えて解決する姿勢を見せることが大事なことだと思います。

そうすることで、少しずつ子供たちは心を開くようになっていってくれると思います。

「なぜだと思う?」と考えさせること

「なぜ」を問い続けることが大事だと思います。

答えってすぐに出したくなるかもしれません。

しかし、質問されたことの答えをすぐに出してしまうと、子供たちは考えなくてなってしまうかもしれません。

勉強を自発的に行う子になるためには、その勉強に関心を持ってもらうことだと思います。

すぐに答えを出してしまうと、それ以上に好奇心が湧かなくなるかもしれません。

あえてその答えをその子自身に考えさせることが大事だと思います。

もし、それでも悩んでる場合は答えのヒントをあげるのもいいかもしれません!

関心を持たせてあげることで前向きに取り組んでくれると思います。

期待すること

期待することは大事なことだと思います。

誰かに期待されることって嬉しいですよね!

子供たちもそうだと思います。

そのためどんな成績が悪かったとして、可能性を信じてあげることは大事なことだと思います。

勉強嫌いな子や成績があまりよくない子ってどこかで自分は期待されてないと思っているところもあると思います。

期待されてないと思うとやる気って起こらない方もいるのではないでしょうか?

まずは、どんな悪い点数であろうと褒めてあげるといいかもしれません。

そして、悪かったところは叱るのではなくアドバイスしてあげるといいと思います。

励ますのもいいと思います。

期待するだけでも子供たちはやる気を出してくれると思います。

温かい目で見守ってあげるといいかもしれませんね!

まとめ

今回は、子供たちが自発的に勉強してくれるようになるための接し方を紹介しました。

これで必ずしも勉強してくれるようにはならないかもしれませんが、参考にしていただけたらうれしいです。

ここまで見て頂きありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする