曽我万智子の顔画像やFacebookは?飯田市の自宅で母親の死体を遺棄した疑いで逮捕。

Pocket

娘である曽我万智子容疑者(58)が、母親の死体を遺棄した疑いで逮捕されました。

今回は、曽我容疑者の顔画像やFacebookアカウント、事件現場について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

曽我万智子容疑者(58)が、母親である高江さん(83)の遺体を遺棄した疑いで逮捕されました。

事件の詳細ですが、

飯田市で母親の遺体を自宅に遺棄したとして、同居する50代の娘が逮捕されました。
死体遺棄の疑いで昨夜逮捕されたのは、飯田市羽場坂町の会社役員・曽我万智子容疑者58歳です。
調べによりますと曽我容疑者は先月下旬からきのうの正午ごろまでの間、同居していた母親の髙江さん・83歳の遺体を自宅の部屋に遺棄した疑いが持たれています。

出典元:SBC信越放送

母親の死因については不明ですが、約1週間もの間部屋に死体を遺棄していたようですね。

死んだことを親戚に伝えられない理由でもあったのでしょうか?

それとも死んだことを119番に連絡して医師に知らせなければならないことを知らなかったのでしょうか?

どんな理由であれ、母親の死体を自宅に遺棄するとは、とても悲しい事件が起きましたね。

また、最近高江さんと連絡を取れなくなった親族は、次のような行動をとりました。

髙江さんと連絡が取れないことを心配した親族がきのう曽我容疑者の自宅を訪れて髙江さんの遺体を見つけ、警察に通報したということです。

出典元:SBC信越放送

親族は高江さんの遺体を発見したときは大変ショックを受けたかもしれませんね。

また、最近の高江さんの様子について近所の人はこう述べています。

「髙江さんを先月29日に見た。
歩いて玄関まで出てきた」

出典元:SBC信越放送

最近までは元気な姿が見られていたようですね。

つまりは、歩けるくらいには元気だったわけですね。

寝たきりの生活といったわけでもなさそうなので、寿命を迎えて死んだわけではない可能性もあるわけですね。

まだ曽我容疑者が高江さんの死体を遺棄した動機や経緯は不明ですが、容疑は認めているようです。

詳しく動機や経緯が分かった際は加筆させていただきます。

曽我万智子容疑者のプロフィール

曽我容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 曽我万智子
年齢 58歳
職業 会社役員(飯田市羽場坂町)
住所 飯田市
家族構成 母親がいたことは判明。子供や夫がいたかは不明です。

会社役員というしっかりとした職に就いていたようですね。

もう少しで、定年退職だったでしょうにこのような事件をなぜ起こしてしまったのでしょうか?

このような人が今回のような事件を起こしてしまったことは、大変遺憾に思います。

スポンサーリンク

曽我容疑者の顔画像やFacebookは?

曽我容疑者の顔画像についてですが、まだ正式には公開されていませんでした。

分かり次第、加筆させていただきます。

また、Facebookアカウントがあるかも調べてみましたが、本人と特定できるものは見つかりませんでした。

詳しい検索結果が知りたい方は、こちらをご確認ください。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

年齢も60近いのでFacebook自体やっていなかった可能性もありますね。

事件現場は?

今回、飯田市の自宅で起こりました。

明確に住所が特定できているわけではありませんが、職場は飯田市羽場坂町にあるので、自宅もその付近にあるのかもしれません。

また、今回事件が起きた曽我容疑者の自宅画像が公開されていました。

曽我容疑者の自宅

出典元:SBC信越放送

曽我容疑者自宅写真

出典元:SBC信越放送

曽我容疑者自宅写真

出典元:SBC信越放送

曽我容疑者の自宅

出典元:SBC信越放送

周りを見ると田舎の方に自宅があったようですね。

田舎なので、近所の人は高江さんを最近見かけなくなったことにすぐ気が付いていたかもしれませんね。

ネットの反応

ネットでは、以下のような反応が見られました。

そんな事しちゃ駄目。亡くなったらちゃんと届けて欲しい。仏様が不憫です。

出典元:Yahoo!ニュース

いいも悪いも無いんだけど、まあ敢えて良く言えば母親と離れたくなかった、現実を見たくなかった、悪く言えば年金だったり何も思わな過ぎてほっといた…とか?どの道、人が朽ち果てていくのを見ながら生活は絶対に出来ない…

出典元:Yahoo!ニュース

コメントにあるように、ただ母親と一緒に居たかったという気持ちがあったのかもしれません。

しかし、法律では医師に伝えなければならないと決まっているはずです。

そうすることができなかったのは残念な気持ちです。

曽我容疑者もしっかり親族に相談をしていたならばこのようなことにはならなかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする