留学先の語学学校でレベルが合わない、うまく英語が話せないと思ったら

「これから留学だ!」と胸に期待を膨らませている方もいるのではないでしょうか?

しかし、日本語の伝わらない海外に行くというのは少し怖いという方もいると思います。

今回は実際短期留学をした時に感じた苦悩について紹介したいと思います。

悩む

留学先でのクラス分け

留学先の学校では最初にレベル分けテストをすることがあります。

テストの種類が筆記テストの時は注意する必要があるかもしれません。

レベルが合わない

日本人は英語を聞いたり、話すよりも文法が得意な人が多いような気がします。

私も文法は得意な方だったので、レベル分けテストはまあまあできた方だと思います。

そのため文法が得意な人はクラスも少し上になることがあるかもしれません。

実際私も少し高めのクラスになりました。

実際の授業が始まってみると、文法内容は理解できました。

しかし、授業ではディベート発表をすることがあります。

こうなるとリスニングやスピーキングが苦手な人からすると授業が分からなくなってしまうかもしれません。

実際私の通った語学学校でもCDで聞いた内容をディベートする授業や、CM内容を紹介するといった授業がありました。

周りは積極的にディベートしたり、発表したりしているのに自分は何もできず泣きそうになったこともあります(笑)

できれば自分に合ったクラスで学びたいと思う方もいるかもしれません。

もちろん、決まったクラスが高いと思ってもここでやり遂げてみせるんだというならそれはすばらしいことだと思います!

では、もし自分のレベルに合ってないクラスになってもうついていけないと思ったらどうしたらいいのでしょうか?

語学学校のスタッフさんに相談

語学学校のスタッフさんに相談するという手段があると思います。

「英語でうまく伝えられないから相談できない。」

こう思う方もいるかもしれません。

しかし、語学学校の中には英語以外に話せるスタッフさんが何人かいることがあります。

実際私の通った学校には日本人スタッフの方がいて真摯に相談に乗ってもらいました。

クラスを下げてもらう手続きもできると思うので、もし今いるクラスだと本当につらいと思うなら相談して下げてもらうのも手だと思います。

授業では話すことに委縮しちゃう

実際授業が始まると英語を話す機会が増えると思います。

しかし、英語をいざ話そうとしてもためらってしまうことがあると思います。

「周りは積極的に手を挙げて発表しているのに、自分は発表することにためらってしまう。」

こう思っている方もいると思います。

実際、授業では日本人は手を挙げて発表している人が他の国の人と比べると少なかった印象があります。

なぜなのでしょうか?

おそらく、私自身の考えが入りますが、日本人は文法を気にしすぎるところがあるのではないかと思います。

周りの外国人の方たちは、文法を間違っていてもとにかく話すということをやっていました。

文法を中心に授業で学んできた日本人は話すときも文法が正しいかを深く考えてしまうのではないでしょうか?

そのため、いざ話そうとした時には次の話題に移ってしまうことがあります。

英語を話すためにはあまり文法を気にしないでとにかく話してみることが大事だと思います。

間違えることは恥ずかしいかもしれません。

しかし、周りも間違えた文法を話しては先生に修正してもらいを繰り返していました。

その繰り返しが成長すると思います。

せっかく留学するわけですから、あまり考えすぎず楽しく英語を話したらいいと思います!

まとめ

今回は、語学学校でのレベルが合わない時と英語がうまく話せない時の対処法について紹介しました。

  • レベルが合わない時は、スタッフさんに相談し、場合によってはクラスを下げてもらう。
  • 英語を話すときに委縮してしまうと思ったら、文法を気にせずにとにかく話してみる。

この2つを紹介しました。

私自身も語学学校でレベルが合わず、困ってしまった経験があります。

私と同じように語学学校でのレベルが合わず、困っている方に参考にしていただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする