昔と今とで勉強の仕方が異なる?スマホが活躍する時代に。

勉強と言えば、ノートと筆記用具を用意して勉強する。

また、先生が授業で黒板で書いたことは一生懸命にノートに書く。

こういったイメージがありますよね。

もちろんこの形が崩れたわけではないですが、今少しずつ生徒の学習事情が変わりつつありそうです。

今回は今と昔で勉強の仕方にどう違いが出ているのか紹介したいと思います!

スマートフォン

今の勉強内容の保存方法はノートではなくスマホ?

私が学生の頃は、先生が板書した内容を頑張ってノートに書き写したものです。

もちろん今の学生さんもノートを取っていると思います。

しかし、今はスマホもうまく活用しています

例えば、学校を休んでしまい、友達にノートを写させてもらうことがあった人もいると思います。

しかし、今の時代はスマホでノートの写真を撮り、保存することができます。

今の時代、連絡ツールも増えたのでノートの内容を送ってもらうこともできるようになりましたし、授業内容のノートを写真として共有できるようにもなったと思います。

また、授業中の板書をスマホで写真撮影することを許可している先生も出てきているようです。

私はすべての授業の板書を写真に収めることが良い事だとは思いませんが、先生の話に集中できるという意味では効率が良いのかなと思います。

ただし、著作権の問題には気を付けなければならない思います。

先生が板書を写メることを許していて、それを友達に送ることを認めているのならば構わないと思います。

しかし、無断で撮影をしたりすることは著作権の侵害にあたる可能性もあるので、写メる際は許可を得るようにした方がいいでしょう。

スマホをうまく活用して勉強することは効率が良いと思いますが、ルールをしっかり守って写真を撮るようにしましょう!

宿題はメールで提出

昔は宿題と言えばノートに行ったものやプリント課題を先生に直接提出していたと思います。

しかし、今はメールなどで学校に宿題を提出するといった学校も出てきているようです。

いつでも気軽に宿題を行えるので便利ですね。

学校帰りの電車の中で宿題をやるということも可能になったわけですね!

また、プリントやノートでの提出でないわけですから、宿題の持ってき忘れも改善されるのではないでしょうか?

人対人の授業からデジタルな授業へ

昔は塾や予備校と言ったら先生がいて、その先生から教えを乞うという形が普通だったと思います。

今の時代はスマホで見れる授業を受けたり、タブレットに入っている教材で学習したりすることも増えました。

これからの時代、AIが個人個人の苦手を分析して個人に合わせた学習を設計する時代が来るとも言われています

いつ、どこでもプロの授業を受けられることはすごいことですし、紙媒体の教材がなくても勉強することができるなんてすごい時代になりましたね!

また、機械によって自分の苦手を分析することができるようにもなりそうなので、より効率的に苦手を克服することもできるかもしれませんね!

しかし、だからといって人対人の授業はなくらないのではないかと思っています

何か質問したいことがあっても、機械や映像ではできないと思います。

できたとしても、正確な質問の答えは返ってこないのではないかと思います。

人と人との関係ならば、今までの信頼関係もあるので相手の躓きを的確に判断してくれるのではないでしょうか?

ビデオ通話で勉強を教え合う

昔に勉強会を開いて、みんなで勉強をした経験がある方もいるのではないでしょうか。

しかし、今では直接集まらなくともビデオ通話で複数人で勉強をできるようにもなりました

勉強会を開く場合は、誰かの家に行く必要があるので手間がかかりましたが、ビデオ通話なら画面一つでつながれるのでその手間が省けます。

また、時間帯もお互いの都合が合えば、夜だとしてもビデオ通話で勉強し合うことができるようになりました。

勉強会を開いた場合、友達と結局話してしまい時間を無駄にしてしまったという方もいるかもしれませんが、ビデオ通話なら友達の顔が見えたとしても遊んだりすることがなさそうなので、モチベーションを上げながら勉強できるかもしれませんね!

まとめ

今回、今の学生の学習事情について紹介しました。

今の時代、勉強の仕方もだいぶ変わってきましたね。

ここでもう一度まとめると、

  • 今は授業内容をスマホで写真として保存することもある。
  • 宿題の提出をメールで提出させる学校が出てきている。
  • 映像授業でいつでもどこでもプロの授業が受けられたり、紙の教材ではなくタブレット教材で勉強できるようになってきている。
  • 将来、AIにより的確に苦手分析ができるようになり、効率よく勉強できるであろうということ。
  • いつでもどこでもビデオ通話で友達とつながることができ、勉強を教え合うことができる。

まだまだ勉強のデジタル化には改善点もあるかと思いますが、これからさらに教育方法が進化していくことが楽しみですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする