【藤沢市長後】高校3年男子が関哲哉さんをはねて死亡させる。高校や進路先は?

Pocket

15日夜、高校3年生男子が、神奈川県藤沢市長後のコンビニエンスストアの駐車場内を歩いていた医師の男性(49)を車ではね、死亡させた疑いで逮捕されました。

今回、高校3年生のプロフィール、高校や進路先、また、事件現場などについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

15日午後7時半ごろ、免許を取得したばかりの高校3年生男子(18)が、神奈川県藤沢市長後のコンビニエンスストアの駐車場内で、医師である関哲哉さん(49)車ではねた疑いで逮捕されました。

関さんは病院に搬送されましたが、心臓破裂などで約2時間後に死亡が確認されました

事件の詳細はこちらになります。

15日午後7時半ごろ、神奈川県藤沢市長後のコンビニエンスストア「セブンイレブン藤沢長後東店」の駐車場内を歩いていた近くに住む医師の関哲哉さん(49)が、進入してきた軽乗用車にはねられた。関さんは病院に搬送されたが、心臓が破裂するなどし約2時間後に死亡が確認された。県警藤沢北署は車を運転していた高校3年の男子生徒(18)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕した。同署は容疑を過失致死に切り替え、事故の経緯を調べる。

同署によると、男子生徒はコンビニに面する国道を反対車線側からセンターラインをまたいで右折し、駐車場に進入した。男子生徒の車は関さんをはねた後、駐車場内の別の車にも衝突しており、相当な速度が出ていたとみられている。男子生徒は先月に運転免許を取得したばかりだったという。

出典元:産経新聞

このような事故が起きてしまったことは大変残念に感じてしまいます。

免許取り立てで舞い上がってしまったのでしょうか?

相当の速度が出ていたことを見ると、鼻から安全運転をするつもりがなかったのか、それとも、アクセルとブレーキを踏み間違えたのかのどちらかではないかと考えています。

関哲哉さんのご冥福をお祈りします。

高校三年生のプロフィール

名前 不明
年齢 18歳
住所 不明
家族構成 不詳
刑罰 自動車運転処罰法違反(過失致傷)

今回、未成年であるため、名前や住所については公開されていませんでした。

また、家族構成についても分かっておりません。

ただ、高校生であったため、親と暮らしていた可能性は高いのではないでしょうか?

今回の事故が起きたことを大変悲しみ、精神的に大きなダメージを受けることになってしまったでしょうね。

スポンサーリンク

高校三年生の高校や進路先は?

今回、事故を起こした男子生徒の高校や進路先はどこだったのでしょうか?

残念ながら、その情報は得られませんでした。

おそらく、未成年のプライバシー保護のために情報が公開されることはないのかもしれません。

しかし、今回の事故が原因で大学や専門学校への進学ならば、入学許可の剥奪会社に勤めるつもりだったのならば、内定取り消しとなる可能性はが高いのではないでしょうか?

もしかしたら、高校卒業の資格さえ失うことになるかもしれませんね。

事故現場は?

今回、事故が起きたのは、神奈川県藤沢市長後のコンビニエンスストア「セブンイレブン藤沢長後東店」の駐車場内でした。

駐車場も広めですし、視界もそこまで悪い印象は受けませんね。

気を付けて運転をしていたのならば、起こらずに済んだ事故だったのではないかと思えます。

スポンサーリンク

死亡事故の責任は生徒自身?それとも、親?

今回の死亡事故の責任は誰にあるのでしょうか?

未成年であるため、親に責任があり、損害賠償を支払うのは親の責任となってしまうのでしょうか?

調べてみたところ、責任については次のようになるようです。

民法712条において、

「未成年者が他人に損害を与えた場合、事故の行為の責任を弁識する能力を備えていなかった場合は、その行為について責任を負わない。」

と規定されているようです。

また、民法714条1項において、

「その未成年者を監督する法定の義務を負う者(一般的には親)が、その損害を賠償する責任を負う」

と規定されています。

つまり、ここまで見ると、今回、事故を起こした未成年者自身に責任はなく、親が責任を負うことになりそうです。

しかし、これは、あくまで責任能力がないと判断された場合であり、未成年者が自動車の免許を取得して運転をしているような場合は、未成年者自身に責任能力があると認められ、民法714条1項において親が責任を負うことはないようです。

しかし、親の監督義務違反と未成年者の不法行為との間に因果関係が認めらるような場合は、親にも責任が生じることもあるようです。

今回、生徒自身に損害賠償を支払う能力はないことを考えると親自身が損害賠償を支払うことになるのかもしれないですね。

(参照:弁護士による自動車事故SOS)

ネットの反応

ネットでは次のような反応が見られました。

必ずある、春休みの高3の事故。
ギュウギュウに定員を超えた車での、多人数での死亡事故も、これから出ると思う。
はねたのが医師ということで、それもまた大変でしたね…余計な心配かも知れませんが、自動車保険は、この運転手も対象になっていたでしょうか…

出典元:Yahoo!ニュース

免許取りたてでアクセルとブレーキ踏み間違えたのだろうか。いずれにしても保険には入ってるのだろうか?被害者も加害者の親御さんも大変だ。運転には細心の注意が必要だね。

出典元:Yahoo!ニュース

免許取り立ての18歳が沢山いるこの時期は不安ですね。初心者マークも省いてるし。歩行者や自転車の方々からは なかなかそこまで想像もして行動されてないでしょうから、横断歩道や信号を過信せず 周りをよく見て損はないよ。ルールだけ守っていても命失くしては悔しい。

出典元:Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

まとめ

今回、藤沢市長後で起きた事故について解説しました。

ここで、もういちどこの事故についてまとめておこうと思います。

●15日午後7時半ごろ、高校三年生の男子生徒が神奈川県藤沢市長後のコンビニエンスストア「セブンイレブン藤沢長後東店」の駐車場内を歩いていた医師の関哲哉さんを車ではね、死亡させる。
●事故当時、相当の速度が出ていたと見られ、事故の経緯などを調査中。

免許取得シーズンにありますから、このような事故が連続して起こらないか心配ですね。

今回のような事件が起こらないためにも、安全運転を心がけてもらえたと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする