池田圭容疑者の顔画像は?はねられた中村佑佳さんが死亡。ブレーキも踏んでいない?

Pocket

8日、池田圭容疑者(39)は、東京・目黒区の国道で横断歩道を渡っていた女性1人と男性2人を車ではねた疑いで逮捕されました。

そのうち女性1人はまもなく死亡し、男性2人もケガをしました。

今回は、池田容疑者の顔画像やプロフィール、事故当時の状況について解説したいと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

8日午前11時半ごろ池田圭容疑者(39)は、東京・目黒区大橋の国道246号線で横断歩道を渡っていた男性2人と女性1人に衝突し、3人を死傷させた疑いで逮捕されました。

今回の事故で中村佑佳さん(36)が死亡したのことです。

事故の詳細はこちらになります。

8日昼前、東京・目黒区の国道で、横断歩道をわたっていた3人に車が衝突し、自転車に乗っていた36歳の女性が死亡した。車は信号を無視していたとみられている。

警視庁などによると8日午前11時半頃、目黒区大橋の国道246号線で横断歩道をわたっていた歩行者と自転車に乗用車が衝突した。

この事故で自転車で横断歩道をわたっていた中村佑佳さんが心肺停止の状態で病院に搬送され、その後、死亡した。ほかに男性2人がケガをしたという。

警視庁は、乗用車を運転していた自営業の池田圭容疑者を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕した。警視庁は、池田容疑者の車が、赤信号を無視して事故を起こしたとみて、今後、容疑を過失運転致死に切り替えて詳しく調べる方針。

出典元:NNN

今回のような事故が起きたことや死亡者が出てしまったことには非常に残念で仕方ありません。

今回、横断歩道で起きた事故であり、かつ、信号無視となるとご遺族の方は悔やんでも悔やみきれないでしょうね。

中村佑佳さんのご冥福をお祈りいたします。

池田圭容疑者の顔画像は?

池田容疑者の顔画像ですが、まだ報道されていませんでした。

公開され次第、こちらでも紹介させていただきたく思います。

また、池田容疑者のFacebookアカウントがあるかも調べてみましたが、本人と特定できるものは見つかりませんでした。

気になる方は、検索結果のみ載せておきますのでご確認ください。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

スポンサーリンク

池田圭容疑者のプロフィール

池田容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 池田圭
年齢 39歳
職業 自営業
住所 東京都世田谷区
家族構成 不詳

事故当時の状況は?

目撃者の供述

出典元:JNN

事故が起きた時の状況はどのような状況だったのでしょうか?

簡単にまとめておきます。

●事故が起きた時、3人は青信号の横断歩道を渡っていた。(自動車側は赤信号だった)。

●そこに、およそ時速50~60キロの速さで横断歩道に突っ込んできた。

●ブレーキ痕は見当たらず、ブレーキを踏むことなく、横断歩道に突っ込んだとみられる。

●結果的に、男性2人がけがを負い、中村佑佳さんが死亡する事故となってしまった。

また、今回の事故を目撃していた人は次のように述べています。

「信号が変わってすぐで、もう横断が始まっていた。そこを突然、全くスピードを落とさない車が突っ込んできた。50~60キロぐらい普通のスピードで走っていました。全くブレーキ踏むことなく」(事故を目撃した男性)

出典元:JNN

なぜこのような事故が起きてしまったのか不思議に感じてしまいますね。

何があったのでしょうか、、、?

スポンサーリンク

事故の原因は?

このような事故が起きた原因は何だったのでしょうか?

残念ながら原因については取り調べ中のようで、明らかにされていませんでした

そのため、ここからはあくまで推測となることをご了承ください。

考えられる理由としては、次のようなものが考えられるのではないかと思っています。

■普段から池田容疑者は運転が荒く、赤信号に変わったばかりだから大丈夫と考え、そのまま進んでしまった。

■視界が悪く、赤信号になっていることに気付かなかった。

■携帯電話などを見ており、前を見ておらず、事故に繋がってしまった。

■故意的に横断歩道に突っ込んだ。

このようなところでしょうか?

詳しい原因については池田容疑者の供述などから明らかにしていくかと思います。

詳しい動機については分かり次第、加筆させていただきます。

事故現場は?

事故は、東京目黒区大橋の国道246号線で起こりました。

また、事故現場の画像が公開されていましたので、載せておきます。

出典元:JNN

また、こちらは池田容疑者の車です。

池田容疑者の車

出典元:JNN

ネットの反応

ネットで反応を載せておきます。

いつも思うのだが、こういった重大な事故の事案も業務上過失致死傷では、通常のそれと比べてあまりに不公平だ。ノーブレーキで突っ込むというのはあまりに運転手として自覚に乏しく無責任な運転姿勢なのだから、罪名は故意犯とは別にしても、量刑は故意犯同等でなければ不公平だし抑止力にならない。
量刑は、被害感情の慰藉と抑止力の双方に資するものでなければならないのに、あと何回あと何人悲劇が繰り返されれば法思想の根本が変わるのか。
私怨を禁じている以上、それだけの量刑を科すべきだ。

出典元:Yahoo!ニュース

飲酒運転ではなかったにしろ黄色からアクセル踏んでスピードが乗った時点で交差点進入。
信号を一回止まったぐらいで目的地に着く時間はさほど変わらない。
そんなに急ぐならば15分早く出発すればいいだけの事。
人生を終わらせるくらい急ぐ用だったのか?
とつくづく思う。

出典元:Yahoo!ニュース

信号機が赤に変わる時に、止まるのが嫌だからアクセルを踏む運転手が居るから、そういうのは一発免許取り上げでいいと思います。

出典元:Yahoo!ニュース

今回、池田容疑者への批判的な声が多く上がりました。

スポンサーリンク

まとめ

今回、池田圭容疑者について解説しました。

今回の事故について簡単に改めてまとめておこうと思います。

●東京・目黒区の国道で横断歩道を渡っていた3人に池田容疑者の車が衝突。
●その当時の速さは時速50~60キロぐらい出ており、ブレーキ痕はなかった。
●結果的に、男性2人と中村佑佳さんが死亡する事態となってしまった。

このような事故が起きてしまったことは大変悲しいことです。

普段から運転を注意して行ってさえいれば起こらずに済んだ事故ではないでしょうか?

こういった事故で人が死ぬ事故がゼロになる日を待ち望みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする