乾誠悟の顔画像や犯行動機は?父親で、乾マタニティクリニック院長の裕昭さんが死亡。

Pocket

12日午後5時ごろ、乾誠悟容疑者(34)が、父親で病院の院長を務めていた乾裕昭さん(69)の首を絞め、殺害した疑いで逮捕されました。

今回は、乾容疑者の顔画像やプロフィール、犯行動機について解説したいと思います。

スポンサーリンク

事件について

12日午後5時ごろ乾誠悟容疑者(34)は、父親で乾マタニティクリニック院長を務めていた乾裕昭さん(69)の首を絞め、殺害した疑いで逮捕されました。

事件の詳細はこちらになります。

12日午後5時ごろ、福島県郡山市並木3の5の18の病院「乾マタニティクリニック」に併設された住宅で、院長の乾裕昭さん(69)が息子に首を絞められ、死亡した。郡山署は殺人未遂容疑で息子の無職誠悟容疑者(34)を逮捕した。

同署によると、誠悟容疑者は乾さんの首を絞めた事実を認めている。同署は容疑を殺人に切り替え、動機などを調べている。乾さんの妻が誠悟容疑者を制止し、110番した。

病院のホームページによると、乾さんは静岡県出身で、卵巣がんの研究や不妊症の治療などに尽力した。2006年には、受精卵の状態を超音波で測定する方法を学会で発表していた。

出典元:共同通信

また、乾容疑者は次のように供述し、容疑を認めています

「やったことにまちがいない」

実の父親を殺害してしまうという何とも悲しい事件が起きてしまいましたね。

今回の事件ですが、通報したのは乾容疑者の実の母親であったとのことです。

母親は、夫が亡くなったことにとてもつらい気持ちでいるでしょうが、それと同じくらいに、あるいは、それ以上に我が子がこのようなことをしたことを悲しんでいることでしょうね。

通報をした時の母親の気持ちを考えると心苦しみますね。

乾誠悟の顔画像は?

乾容疑者の顔画像ですが、まだ報道では明らかにされていませんでした。

分かり次第、載せさせていただきます。

また、乾容疑者のFacebookアカウントがあるかも調べてみました。

しかし、本人と思われるアカウントは存在しませんでした。

気になる方は、検索結果のみ載せておきますのでご確認ください。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

スポンサーリンク

乾誠悟のプロフィール

乾容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 乾誠悟
年齢 34歳
職業 無職
住所 福島県郡山市並木3‐5‐18
家族構成 父親の裕昭さんと母親と暮らしていた。

兄弟がいたかは不明。

乾マタニティクリニックについて

今回、事件現場にもなってしまった「乾マタニティクリニック」はこちらになります。

1、2階がクリニックとなっており、3、4階がクリニックとなっているようです。

そして、今回事件が起きてしまったのは、3階の自宅だったようです。

このクリニックですが、産婦人科や小児科があり、不妊治療では有名な病院だったようです。

多くの患者さんもいたようで、評判高い病院だったようですね。

こちらは「乾マタニティクリニック」の公式ホームページになります。
⇒乾マタニティクリニック

また、こちらのホームページで殺害された乾院長の顔画像が見られました。

気になる方は、URLを載せておきますのでご確認ください。
⇒乾マタニティクリニック 医師・スタッフ紹介

お世話になっていた患者さんもたくさんいたことでしょうにこのような事件に巻き込まれてしまったことは大変残念なことですね。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

犯行動機は?

なぜ、乾容疑者は実の父親の首を絞め殺害してしまったのでしょうか?

残念ながら、犯行動機についてはまだ明らかにされていませんでした。

そのため、ここからは私の推測になることをあらかじめご了承ください。

まず、乾容疑者は無職であり、父親は医師であることに着目したいと思います。

もしかしたら、乾容疑者自身は父親の華やかな経歴と自分を比べており、劣等感を感じていたのかもしれません。

父親の裕昭さんも息子の乾容疑者に早く職に就くように、心配できつい言い方をしていたかもしれません。

そのことに爆発してしまい父親の首を絞めてしまったという可能性もあるのかもしれません。

さらに、気になるのは、なぜ乾容疑者は無職であったかということです。

私の偏見なのかもしれませんが、医者の息子ならば、父親から将来、病院を継ぐように言われていたかもしれません。

もしかしたら、本人もそのつもりで勉強を頑張り、継ぐことを考えていたかもしれません。

しかし、どこかで挫折をしてしまい、そのまま心が折れ、今に至ったという可能性もあるのかもしれません。

何があったのかはまだ具体的には分かっていませんが、乾容疑者自身に何かしらの闇を抱えてしまっていたのかもしれませんね。

詳しい動機が分かり次第、加筆させていただきます。

ネットの反応

ネットでは次のような反応が見られました。

医者としての能力と父親としての能力は別物
もし医者として優秀な方だったのなら患者さんにとっては大きな損失ですね

出典元:Yahoo!ニュース

この息子も医者になることを期待されてたのだろうか??

殺人は決して許されることではないが、それなりの事情はありそう.

ただ、定職どうのこうのって話より、外界との一定の繋がりはないとやはりダメ。

他人との真っ当な繋がりがあれば、自暴自棄な行動なんて出来るはずがない。

時には”ほだし”になり得るが、同時に抑止力にもなる。

察するに、既に外の世界とは切れて生きてたんだろう。

家庭の中だけでは、決して問題は解決されない。

出典元:Yahoo!ニュース

昨今、親を殺める子供が多すぎる。異常。
大抵無職で35~40前半の奴が多い。
学生時代に不登校だったり、氷河期でうまく就職することができずに引きこもりになっている場合が多い。
きっとこういった事件は、今後も増えると思う。

出典元:Yahoo!ニュース

今回、乾容疑者に対する批判的なコメントや乾院長が亡くなったことを悲しむ声も上がりました。

乾容疑者の家族事情や乾容疑者に何があったのか気になるといった声も上がっていました。

もしかしたら、家庭内トラブルもあったのかもしれないですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回、乾誠悟容疑者について解説しました。

最近はこのような親を殺してしまうニュースが飛び交っていることには大変悲しい気持ちになりますね。

このような事件が減ってくれることを願っています。

そして、乾裕昭さんのご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする