石原基通の顔画像やFacebookは?妻は?次男に暴行で逮捕!犯行動機は?

Pocket

3日、石原基通容疑者(39)が、次男(5)に暴行を加えた疑いで、逮捕されました。

今回は、石原容疑者の顔画像やFacebook、妻について、また、事件現場や犯行動機について解説しようと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

2日午後8時50分ごろ石原基通容疑者(39)自宅で次男(5)に腹付近に暴行を加えた疑いで、3日に逮捕されました。

事件の詳細です。

茨城県警鹿嶋署は3日、傷害の容疑で、同県鹿嶋市沼尾の農業、石原基通容疑者(39)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は2日午後8時50分ごろ、自宅で次男(5)の腹付近を蹴る暴行を加え、転倒して机に頭をぶつけた次男に全治不詳のけがを負わせたとしている。

石原容疑者の妻が3日、同署に相談して発覚した。同署は日常的に虐待がなかったかを調べている。

出典元:産経新聞

次男は、暴行の後、頭を机にぶつけ、全治不詳のけがを負ったようですね。

全治不詳というのは、1年以上治る見込みのないケガ、あるいは、すぐ直っても後遺症が残るほどのケガをした際に使われる表現のようです。

そこまで大きなけがをしてしまった次男くんが心配で仕方ありませんね。

なぜ石原容疑者はここまでのけがを負わせてしまったのかと考えてしまいますね。

次男くんは、身体的な傷だけでなく、心の傷も負ってしまったでしょうね。

石原容疑者が抱えた罪は、思っている以上に重いものなのかもしれません。

石原基通のプロフィールは?

石原容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 石原基通
年齢 39歳
職業 農業(以前は自動車屋に勤めていた。)
住所 茨城県鹿嶋市沼尾
家族構成 石原容疑者と妻と子供二人いる。

石原容疑者には次男のほかに、長男もいたようです。

長男は虐待を受けていなかったのか心配なところですね。

妻も今回の事件はショックだったでしょうね。

これからは、子ども二人のために一生懸命に生きていってもらいたいですね。

石原基通の顔画像は?

石原容疑者の顔画像ですが、まだ正式には公開されていませんでした。

公開され次第、載せさせていただきます。

石原容疑者のFacebookアカウントがあるかも調べてみたところ、本人と思われるアカウントが見つかりました

住所が一致しますし、次男が生まれた当時の写真も公開していたのですが、それが2013年の投稿なので、次男の年齢とも一致します。

しかし、本人と確信できたわけではないので、検索結果のみ載せておきます。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

2013年で投稿が終わっているので、34歳の時の顔写真でしょうね。

プリクラ補正もかかっているので、20代にしか見えないですね。

世間的にはイケメンの部類に入るくらい顔が整っているような気がしますね。

プリクラの補正効果のためなのかは不明ですが、、、。

こちらのFacebookには、長男と次男の写真も載っていました。

長男は、この頃の写真がだいたい2歳くらいに感じられますので、今の年齢は小学生になったかならないかくらいの年齢なのではないでしょうか?

どちらもかわいらしい赤ちゃんの写真が写っていますね。

Facebookに写真を載せるほどに愛していたはずの子どもになぜ暴行をしてしまったのか不思議に感じてしまいますね。

妻は?

妻が誰なのかという情報は報道されていないので、分かりませんでした。

しかし、石原容疑者のFacebookには、妻らしき人と一緒にプリクラを取っていますね。

とてもきれいでかわいらしい奥さんに感じられますね。

今回、子どもたちを守ったのは、石原容疑者の妻のようです。

妻が警察署に相談したことで、事件が発覚したそうです。

もし、この相談する勇気をためらっていたらもっと最悪な状況になっていたかもしれませんね。

石原容疑者の妻は、賞賛すべき行動をとったのではないかと感じます。

これから子どもたちと共に助け合いながら生きていってほしいですね。

スポンサーリンク

事件現場は?

事件は、石原容疑者の自宅で起こりました。

事件現場をマップに掲載しておきます。

事件現場の情報はまだ公開されていませんでした。

分かり次第、載せさせていただきます。

犯行動機は?

なぜ今回、石原容疑者は次男に暴行を加えたのでしょうか?

犯行動機についてですが、情報がまだ入ってきていませんでした。

最近の子どもたちへの虐待理由に関して考えられる理由を挙げてみると、

  • 子どもが言うことを聞かなかったから。
  • しつけの一環で蹴った。
  • ストレスで子どもにあたってしまった。

このような理由が考えられるのではないでしょうか?

石原容疑者も上のような理由で子どもに暴行を加えてしまったのかもしれませんね。

しかし、ケガさせるほどの暴行を加えてしまうのは、どんな理由であれいけないことだと思います。

石原容疑者には、しっかりと罪を償ってもらいたいですね。

ネットの反応

ネットでは次のような反応が見られました。

個人的な意見だが、「蹴る」行為は「ひっぱたく」「殴る」行為よりも相手に近づく必要がない分、
より残忍に力を入れられる行為だと考えている。

手を使うよりも反動が大きく相手に威力をぶつけられる分、
相手へのダメージは当然大きくなる。

ということは、この父親は以前から「ひっぱたく」「殴る」に近い行為はしていて、
より威力があり相手を自分より下の位置で痛めつける
というヒートアップした行為にまで抵抗がなくなっていたんじゃないかと。

妻が相談していてよかった。
下手したら内臓破裂していた可能性もある。

出典元:Yahoo!ニュース

痛ましい。
児童虐待は許しがたい行為、いかなる理由があっても厳しい量刑で。
今回は母親が相談した事がせめてもの救い。

出典元:Yahoo!ニュース

日本人の素養はどんどん下降し、プライドの高さゆえに直視できない国民と行政。
これが何十年もかけて悪化した末路が中国や朝鮮なのでしょう。
歴史の長さは向こうの方が上ですが、過去に栄華を極めたがゆえに高慢になり人民の質も国民の質も年月を経て下降し今のようになったのでしょう。
日本もやがてはあのようになる運命なのかもしれません。

出典元:Yahoo!ニュース

今回の石原容疑者の行為に対して、批判的なコメントが多く見受けられました。

このような事件が、年々増加傾向にあることには残念な気持ちですね。

このような事件が少しでも減らすためには、国レベルで考えていかなければならないのかもしれないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする