鴻巣夏祭り2019!歩行者天国の時間帯は?見どころやアクセスについても紹介!

Pocket

毎年、12基もの神輿渡御約3キロメートルの歩行者天国で大きな賑わいを見せる「鴻巣夏祭り」についてまとめました。

今回、2019年7月中旬に行われる「鴻巣夏祭り」の日程や見どころ、屋台、アクセス情報などについて紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

鴻巣夏祭りとは?

鴻巣夏祭り様子

出典元:ウォーカープラス

鴻巣夏祭りは、長い歴史のある鴻巣宿付近の中山道にて行われるお祭りであり、12基の神輿渡御約3キロメートルにも渡る歩行者天国で盛り上がりを見せるお祭りとなっています!

また、関東随一の神輿渡御と言われており、迫力満点な神輿渡御を見ることができるでしょう!

鴻巣夏祭り2019 日程は?

2019年の鴻巣夏祭りは、7月14日(日)に行われます。

日程や時間帯などの詳しい情報をまとめておきます。

日程 7月14日(日)
時間 14:30~21:00

  • 神輿渡御:15:00~
  • 歩行者天国時間帯:14:30~21:00
開催場所 中山道(加美交差点~深井二交差点)
住所 鴻巣市加美~人形町
マップ
お問い合わせ 048-541-1321(鴻巣市役所産業振興課)
公式HP 鴻巣市観光協会公式サイト

鴻巣夏祭り2019の見どころは?

鴻巣夏祭りの見どころは、主にこの2つになるかと思います!

12基の神輿渡御

この鴻巣夏祭りでは、なんと12基もの神輿が出ており、関東随一の神輿渡御とまで言われています!

こちらは、2018年の鴻巣夏祭りの神輿渡御の様子となります。

見物客の人数からしても相当見ごたえのある神輿渡御であることは窺える気がしますね!

活気ある声とともに神輿を担ぎあげる姿には圧倒されます!

約3㎞に渡る歩行者天国で屋台を満喫しよう!

このお祭りでは、約3㎞に渡り交通規制が施され、歩行者天国となります

この区間は多くの屋台が並び、大きな賑わいを見せることとなります!

焼きそばやじゃがバターなどの主な出店からはしまきなどの関西主流の屋台など珍しい屋台も見られます!

もちろん食べ物以外にも、射的やくじ引きなどの遊び場もありますので、子どもたちも飽きないかと思います!

「お祭りと言ったら屋台巡りはかかせない!」という方は、このお祭りに訪れてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

鴻巣夏祭りで歩き疲れた時は、「ひなの里」!

このお祭りは、7月に行われますし、大変混み合います。

そのため、思った以上に歩き疲れてしまうかもしれません。

そんな時は、休憩所として鴻巣市産業観光館「ひなの里」がおすすめです!

この「ひなの里」は、鴻巣夏祭りが開催される会場から近いところにあるお休み処となっています。

涼めるだけでなく、鴻巣市の伝統産業であるひな人形の展示を見ることができるのでおすすめの休憩スポットとなります!

家マークが、鴻巣市産業観光館「ひなの里」となります。

歩き疲れた、涼みたいと思ったら訪れてみるのもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク

鴻巣夏祭りのアクセス方法

車と電車でのアクセス方法をそれぞれに分けてまとめておきます。

車でのアクセス

東北自動車道羽生ICより約40分、あるいは、 圏央道桶川北本ICより約20分で会場にたどり着くことができます。

駐車場

駐車場情報も載せておきます。

1 鴻巣市役所第二庁舎駐車場
2 鴻巣駅東口第1駐車場
3 鴻巣市営鴻巣駅西口駐車場
4 NPC24H鴻巣第2パーキング
5 鴻巣市役所

この中で、2,3,4はお祭り会場近くとなりますので、交通規制がかかる可能性があります。

そのため、停めるならば少し遠いですが、1,5停めることをおすすめします

ただ、当日は道路状況が大変混雑することが予想されます。

そのため、電車などの公共機関を使うことをおすすめします

電車でのアクセス

電車で行く場合は、

JR高崎線「鴻巣」駅より徒歩5分で行くことができます。

交通規制

お祭り当日は、交通規制が引かれますのでご注意ください。

交通規制が引かれるのは、鴻巣夏祭りの会場となる、

加美交差点~深井二交差点となります。

スポンサーリンク

鴻巣市のおすすめの食べ物は?

鴻巣市のおすすめの食べ物を今回3つ紹介したいと思います。

川幅うどん

こうのす川幅うどんは、平成27年に開かれた「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」初優勝を得た、鴻巣市を代表するものの一つとなります!

なぜ川幅というのかというと、鴻巣市と吉見町の間を流れる荒川という川の幅が日本一であったことから川幅グルメが誕生しました。

この荒川の川の幅は最長で2,537mになるようです。

それから、平成21年8月に幅約8㎝の「こうのす川幅うどん」が誕生し、次々と川幅うどんのお店が誕生したと言われています。

こちらは、川幅うどんの名店の一つである「久良一」を食べに行った人の感想です!


写真を見て頂くと分かるように、相当幅の広いうどんであることがわかるかと思います。

お祭りを楽しんだ後やお昼に川幅うどんを食べてみてはいかがでしょうか?

川幅うどんのお店をマップで示しておきます。

いがまんじゅう

いがまんじゅう

出典元:鴻巣市観光協会公式サイト

いがまんじゅうとは、田舎まんじゅうと表面を赤飯で覆うようにして作られたものであり、「栗のいが」に似ていることから、いがまんじゅうと呼ばれるようになったようです。

甘い中に塩の味を感じ、もっちりとした食感が特徴です。

いがまんじゅうのお店をマップで示しておきます。

こうのすコロッケ

戦後約60年間、地元に愛され続けられている懐かしい味手軽さが人気を呼んでいるコロッケです!

こちらは、こうのすコロッケを食べた人の感想です!

ジャガイモがころもにぎっしり詰まっていることが見て分かりますね。

マップではこちらになります。

まとめ

今回、2019年の鴻巣夏祭りについて紹介しました。

12基の神輿渡御と歩行者天国で賑わうお祭り。

一度訪れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする