水尾真一の顔画像は?なぜ取り調べ中に切りつけられるような事態に?

Pocket

10日、水尾真一容疑者(45)が、栃木県警鹿沼署の取調室で、男性巡査長(47)になたで頭を切りつけた疑いで逮捕されました。

今回は、水尾容疑者の顔画像やプロフィール、犯行手口、また、なぜ切りつけられる事態になったのかについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

10日午後2時40分ごろ水尾真一容疑者(45)は、取調室で所持品の確認中に、机の上にあった刃渡り12㎝のなたで男性巡査長の頭を切りつけた疑いで逮捕されました。

事件の詳細はこちらになります。

栃木県警鹿沼署は10日、署の取調室で所持品の確認中、机の上にあった自身のなたで男性巡査長(47)の頭を切り付けたとして、公務執行妨害容疑で同県鹿沼市、無職水尾真一容疑者(45)を現行犯逮捕した。巡査長は頭部に切り傷を数カ所負ったが、命に別条はないという。

出典元:共同通信

何とも恐ろしい事件が起きてしまいましたね。

男性巡査長のケガが命に別条がなかったことは不幸中の幸いでしたね。

水尾真一の顔画像は?

水尾容疑者の顔画像ですが、まだ公開されていませんでした。

分かり次第、更新させていただきます。

また、水尾容疑者のFacebookアカウントがあるかも調べてみましたが、本人と特定できるものは見つかりませんでした。

気になる方は、検索結果のみ載せておきますのでご確認ください。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

スポンサーリンク

水尾真一のプロフィール

水尾容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 水尾真一
年齢 45歳
職業 無職
住所 栃木県鹿沼市南上野町

家族構成 父(71)と同居していた。母親や兄弟の有無は不明。

水尾真一の犯行手口は?

では、どのようにして取り調べ中の警察官になたで頭を切りつけたのでしょうか?

以下のような方法で、犯行を行ったようです。

署によると、巡査長は同日、暴力行為法違反容疑で逮捕していた水尾容疑者の所持品を確認するため、ケースに入った刃渡り約12センチのなたなどを机の上に並べた。水尾容疑者が「トイレに行きたい」と申し出たため、室外にいた別の警察官に連絡を取ろうと背を向けた際、なたを手に取り、振り向きざまに切り付けた。

出典元:共同通信

水尾容疑者の「トイレに行きたい」に隙を見せてしまったのでしょうね。

狙っての犯行だったのでしょうか?

そうだとしたら、相当質が悪いような気がしますね。

しかし、取り調べ中に、そうやすやすと犯人に凶器をとられるようなものなのでしょうか、、、?

なぜ取り調べ中に切りつけられる事態に?

なぜ取り調べ中に、警察が切りつけられるような事態になってしまったのでしょうか?

しっかりと体制がとれていたならばこのような事件にもならなかったのではないかと考えてしまいます。

今回、所持品に凶器があったにもかかわらず、一人で所持品の確認をしていたのでしょうか?

そうだとしたら、少し行動が迂闊だったのではないかと考えてしまいますね。

また、今回、なぜ取調室でこのようなことが起きてしまったのかについてネットでも疑問に思われている方が多くおられました

何故、凶器を机の上に並べたままで、
背中を向けるのか、警戒心が全く無
い。それと、取り調べは警察官二人
ではないのか、一人では危険過ぎる。

出典元:Yahoo!ニュース

隙を見せちゃダメだ。

出典元:Yahoo!ニュース

あのさぁ、ナタ持ってる様な奴に隙を見せてどないするん?
切られた警官は気の毒だが、簡単に犯人に持たせられる状況を作った落ち度は高いわ。

出典元:Yahoo!ニュース

逮捕したその時に、必ず所持品の捜索と差押えをすることになっている筈である。
こう言うことが起きるから、法律で逮捕行為に合わせて、犯人の身体を強制的に捜索や差し押さえが出来ることとなっているのである。
その初歩的なことが出来ていない大きなミスである。
それと、取調室と言えども、凶器を前にし、犯人に背中を向けるとは警察官として重大な注意不足である。
基本的なことが守られていないために招いた受傷事案であるといえる。

出典元:Yahoo!ニュース

今回、警察の方も警戒心がなさすぎではないかなど警察側への取り調べ中の対応の仕方に批判的な声が多くありました。

男性巡査長のケガが、命に関わるようなものでなかったことは本当に良かったですが、もしかしたら、避けられた事件だったのかもしれませんね。

これからこのような事件が起こらないように対策を立ててもらえたらと思います。

スポンサーリンク

事件現場は?

事件は、栃木県鹿沼署の取調室にて起こりました。

水尾真一は何の事件で捕まっていたのか?

水尾容疑者は、そもそも何の事件で捕まっていたのでしょうか?

事件の詳細について報道されていました。

水尾容疑者は同日、自宅で同居する父親(71)に包丁を突き付けて「ぶっ殺してやる」などと脅迫したとして逮捕された。同容疑については否認している。

出典元:産経新聞

このような事件が起きていることからも、もともと凶暴な性格だったのかもしれませんね。

水尾容疑者にはしっかりと反省してもらいたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回、水尾真一容疑者について解説しました。

警察署内でこのような事件が起きてしまったことは大変残念ですね。

警察は、常にこういった危険と向き合っているのでしょうね。

だからこそこのような事件がもう起きないようにしっかりと対策を立ててもらいたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする