水谷一枝の顔画像は?介護士の女性の首を絞め殺害しようとした疑いで逮捕!

Pocket

2日昼、高齢者介護施設に住居する水谷一枝容疑者(83)が、介護士の女性(22)の首を絞め殺害しようとした疑いで逮捕されました。

今回は、水谷容疑者の顔画像やプロフィール、犯行動機などについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

2日午後3時過ぎ水谷一枝容疑者(83)は、入浴中に介護をしていた女性職員(22)の首を絞めて殺害しようとした疑いで逮捕されました。

幸い、女性職員は首に軽いけがを負う程度で、命に別状はないようです。

事件の詳細はこちらになります。

 愛知県あま市の高齢者介護施設で、職員の女性の首を絞めて殺害しようとしたとして、83歳の入所者の女が逮捕されました。

警察によりますと、逮捕された水谷一枝容疑者(83)は、2日午後3時すぎ、あま市七宝町の認知症対応型の高齢者介護施設「グループホームきらら」で、入浴中、ひとりで介護をしていた女性職員のパーカのフードのひもを前から引っ張り、首を絞めて殺害しようとした殺人未遂の疑いが持たれています。

職員は、一時意識を失いましたが、命に別状はなく、首に軽いけがをしました。

出典元:CBCテレビ

また、水谷容疑者は次のように供述しています。

「そうだね、体調が悪かったからね」

出典元:CBCテレビ

女性職員はまさか仕事中に首を絞められ死ぬ思いをするとは思ってもいなかったでしょうね。

水谷容疑者は、認知症対応型の施設に住居していたのことですが、どのくらいのレベルの症状だったのでしょうか?

日ごろからトラブルを起こしていなかったかも気になるところですね。

水谷一枝の顔画像は?

水谷容疑者の顔画像ですが、まだ公開されていませんでした。

分かり次第、載せさせていただきます。

また、水谷容疑者のFacebookアカウントがあるかも調べてみましたが、本人と特定できるものは見つかりませんでした。

気になる方は、検索結果のみ載せておきますのでご確認ください。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

高齢ですし、Facebook自体やっていなかった可能性の方が高いかもしれないですね。

スポンサーリンク

水谷一枝のプロフィール

水谷容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 水谷一枝(みずたに かずえ)
年齢 83歳
職業 無職?
住所 愛知県あま市の介護施設に住居
家族構成 不詳

水谷容疑者に家族がいたかの情報はありませんでした。

面倒を見る人がおらず介護施設に入った可能性、家族の方が面倒見きれないと判断し施設に入れた可能性のどちらも考えられるかと思います。

もし後者であったのならば、家族の方はこのような事件が起きたことをとても悲しんでいることでしょうね。

犯行動機は?

水谷容疑者の犯行動機は何だったのでしょうか?

残念ながら、まだ今回の事件について本人は認否を明らかにしておらず、動機についても分かっていない状態です。

認知症対応型の施設に住居していたとのことですから、水谷容疑者自身も認知症であった可能性が高いのでしょうね。

どの程度の認知症レベルだったかは分かりませんが、重度であった場合、やっていい事とやってはいけない事の判断が鈍っていた可能性はあるのかもしれませんね。

そうであったとしたら、日常的なトラブルもなかったか気になるところですね。

それについては、現在、警察が捜査中のようです。

動機などについて詳しい情報が分かり次第、加筆させていただきます。

スポンサーリンク

事件現場は?

事件は、「グループホームきららあま七宝町」で起こりました。

また、事件現場の画像も公開されていました。

事件現場

事件現場

事件現場

出典元:CBCテレビ

また、今回、浴室での犯行とのことですが、具体的にどこで犯行が行われたのでしょうか?

「グループホームきらら」のホームページにフロアガイドが載っていました。

フロアガイド

出典元:認知症対応型グループホームきらら

この施設には2か所北側に浴室があるようですね。

どちらの浴室で犯行が行われたかは定かではありませんが、どちらかの浴室で事件が起きたのでしょうね。

他の職員にも気づかれにくい一番端に浴室があるため、誰かが止めるというのは難しかったのかもしれませんね。

今後このようなことが起こらないようにするためにも、施設側がどのような対応をしていくかが気になるところですね。

ネットの反応

ネットでは次のような反応が見られました。

娘が介護施設で働いています。介護施設の事件としては、職員の虐待や不祥事が報道されることが多いですが、娘から聴いた話では、現場では逆に利用者が職員に暴言を吐いたり、暴力を振るうケースも多々起こっているそうです。
ある年輩の入居利用者は、ほとんどの職員に対して暴言を吐き続け、それが原因で多くの人が離職していったといいます。あまりにも人が辞めていくので、堪らずに社長がその家族に相談して転院してもらったそうです。その方は、10年以上に渡ってそのような行為を繰り返して、いくつもの施設を転々とされているそうでした。
他にもセクハラ紛いの行為や、小さな暴言や暴力は日常茶飯事で職員のストレスも半端じゃないそうです。介護職員は給料の安さがよく報道されますが、私が思うにむしろこのような環境で働いてる実態を調査して、ケアできる体制を施設ごとに作っていくことが大切のように思います。

出典元:Yahoo!ニュース

介護の現場は本当に大変です。利用者さんが、さっきまでニコニコしていたのに急に怒りだしたり…。コミュニケーションも認知症だとなかなか難しい部分ある。職員が利用者さん気持ちに寄り添う、想像する事も今の過酷な現場では限界があるのも事実。
精神的、環境面、金銭面等を含めてケアをする人のケアが大切だと思う。

出典元:Yahoo!ニュース

高齢者だからといって何をしても良い訳ではない、介護の世界では介護職員への暴言・暴力は日常的に見られている、グループホームだから認知症はあったのかもしれないが、限度がある、全国的に暴行での通報がもっとあってもいいと思う。

出典元:Yahoo!ニュース

今回、水谷容疑者への批判的なコメントや介護士の仕事の大変さについてのコメントが多く見受けられました。

水谷容疑者には責任能力がないのでは?というコメントもありました。

どの程度の認知症だったのかもよりますが、軽度の場合、逮捕された人の事例もあるようなので、今後捜査を進めていき明らかにしていってもらいたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回、水谷一枝容疑者について解説しました。

介護士による犯行が報道で目立っていましたが、今回のような介護されている側による犯行というのも見えずとも起きているのかもしれませんね。

今回のような事件が頻繁に他の施設でも起きているようならば、今回起きた施設だけでなく、他の施設も今回のような事件が起こらないように対策を立てていくべきなのかもしれませんね。

このような事件がもう起こらないことを心から願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする