中条まつり2018。日程や屋台情報を紹介!山車の煽り合いはものすごい迫力?

Pocket

新潟県で行われる「中条まつり」についてまとめました。

毎年、山車の煽り合いが賑わいを見せているお祭りです。

では、お祭りの詳細や見どころを紹介していきます♪

スポンサーリンク

中条まつりとは

山車

毎年9月3日から6日に開催されるお祭りで、大民謡流しがお祭りの始まりの合図となり、大祭を迎えます。

このお祭りでは、5基の山車による煽り合いが大きな盛り上がりを見せてくれることでしょう!

他にも子供神輿や地元の小中学生による吹奏楽やマーチングの発表があったりと見どころが多いお祭りです。

さらに、最近では打ち上げ花火も上がるようになったようです!

中条まつりの詳細

今年は9月3日(月)~6日(木)の合計4日間開催されます!

なお、花火は例年4日に打ち上がっていますが、荒天の場合は打ち上げ日がずれる可能性もあるのでご注意ください。

中条まつり(2018)
日程 9月3日(月)~6日(木)
時間 3日:大民謡流し 19:00~21:00

4日:花火 19:00~20:00

5日:子供神輿や小中学生の発表など 11:00~

6日:山車煽り合い

開催場所 胎内市本町
住所 新潟県胎内市本町8
マップ
お問い合わせ 0254-43-3624(中条まつり実行委員会(中条町商工会内))

0254-43-2335(中条まつり警備本部(お祭り期間中のみ))

中条まつりの見どころ

中条まつりにはたくさんの見どころがあります。

中でも、山車の煽り合いは見逃せません!

スポンサーリンク

山車の煽り合い

このお祭りの目玉は山車の煽り合いだと思います!

毎年、5基の山車が一カ所に集まり煽り合います

ここの山車は2輪構造となっており、平屋になっています。

中には、芸者さんの踊りスペースがあり、そこで芸者さんたちが踊りを披露してくるれることでしょう!

2輪構造のために山車が安定せず、シーソーのように揺れ動くのが特徴です。

そして、煽り合いの日には、それぞれの組みが山車を揺れ動かしお互いを煽ります。

見ていると、落ちないかハラハラするほど激しく揺れ動かします。

乗っている人もすごいですが、山車を揺れ動かすために綱を引いている人もだいぶの力仕事になっていると思います。

組が一致団結しているからこその芸当なのかもしれませんね。

また、以前あまりの激しさに山車の一部が破損するといった事件も起きたそうです。

ですが、それだけ激しいと聞いたら一度見てみたいですね!

屋台

このお祭りは数多くの屋台が出ます。

なんと200近くの屋台が出るそうです。

山車だけでなく、たくさんの屋台を見て回れるのは嬉しいですね。

ぜひ、行った際は屋台の多さを実感してみると良いかと思います。

花火

花火

このお祭りでは、打ち上げ花火も上がります!

1時間もの間花火が打ちあがり続けるので、思い出に残るお祭りとなるでしょう。

山車の煽り合いや屋台の数だけでも十分満足できるほどの魅力的なお祭りですが、花火まで打ちあがるとは何とも豪華なお祭りですね!

大民謡流し

初日の大民謡流しも見ごたえがあります!

中条音頭や佐渡おけさなど数多くの踊りを見ることができることでしょう。

また、「見ているだけじゃつまらない。踊りたい!」という方に朗報です!

どうやら大民謡流しの10日前までに予約すれば踊ることが可能だそうです!

ただし、人数制限があるようなのでお早めに予約することをおすすめします!

着物がないという方もご安心ください。

当日は法被の貸し出しもあるそうです。

アクセス・駐車場

アクセス方法と駐車場についてまとめておきます。

電車でのアクセス

JR中条駅から徒歩約5分で行くことができます。

車でのアクセス

日本海東北自動車道中条ICから約10分で行くことができます。

駐車場

駐車場は胎内市市役所を使うと良いです。

また、市役所の駐車場がお祭りのために満車になることもあり得るので、お祭りが始まる少し前には行っておいた方が良いかもしれません 。

スポンサーリンク

まとめ

山車の煽り合いを始め、多くの見どころがある中条まつり。

また、屋台や花火を見て、このお祭りを堪能してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする