中村外士雄医師の顔画像や勤務先の病院は?妻に麻酔薬を投与し、放置し死なせた疑いで逮捕!

Pocket

5日、医師の中村外士雄容疑者(69)が、自宅で妻に麻酔を投与し、中毒症状が出たにもかかわらず、放置し死なせた疑いで逮捕されました。

今回は、中村容疑者の顔画像やプロフィール、勤務先の病院などについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

2017年4月1日午前1時半ごろ中村外士雄容疑者(69)自宅で妻(当時63歳)に麻酔の注射をし、中毒症状が現れたにもかかわらず、放置し死なせ疑いで、5日に逮捕されました。

事件の詳細はこちらなります。

 逮捕容疑は2017年4月1日午前1時半ごろ、当時住んでいた同市小倉北区の自宅寝室で、麻酔に使うリドカインを妻=当時(63)=の肩などに注射し、中毒症状が出たのに放置して午前3時ごろ死亡させた疑い。

同課によると、中村容疑者は妻の異変に気付いていたが、そのまま就寝。午前6時半ごろ起床して妻が死んでいるのに気付き、同7時ごろ知人を通じて110番した。肩こりを抑えるために数年前から投与しており、当日は許容量の数倍を注射していたという。

出典元:時事通信社

中毒症状が起きたのに、自分の妻を放置し、そのまま就寝したことには理解が苦しみます。

なぜそんなにも冷静でいられるのかと怖くも感じてしまいます。。

普段から、妻の肩こりを抑えるために数年前から投与し続けていたようですが、犯行当日は許容量の数倍もの注射をしていたようですね。

当日は許容量を超えていたと聞くと、何か妻に恨みでもあり、犯行を行ったのではと考えてしまいますね。

警察は、認否を明らかにはしていないようですがどうだったのでしょうか?

詳しい情報が入り次第、加筆させていただきます。

中村外士雄の顔画像は?

中村容疑者の顔画像ですが、まだ公開されていませんでした。

分かり次第、載せさせていただきます。

また、Facebookアカウントがあるかも調べてみましたが、本人と特定できるものは見つかりませんでした。

気になる方は、検索結果のみ載せておきますのでご確認ください。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

同姓同名の方もおられませんでしたし、年齢も70代近いのでやっていなかった可能性が高そうですね。

【追記】

中村容疑者の顔画像が公開されました。

中村外士雄

出典元:NNN

スポンサーリンク

中村外士雄のプロフィール

中村容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 中村外士雄(なかむらとしお)
年齢 69歳
職業 医師
住所 福岡県北九州市八幡西区

家族構成 妻がいた。子供がいたかは不明。

家族の情報については、妻がいたということ以外は分かりませんでした。

年齢的に見ると、もし子供がいたならば、もうすでに成人し、自立している年ごろでしょうね。

もし子供がいたとしたら、今回の事件が起きたことを悲しみ、悔やんでいることでしょうね。

中村外士雄の勤務先の病院は?

中村容疑者の勤務していた病院はどこだったのでしょうか?

報道によりますと、八幡西区にある幸神クリニックの院長を勤めていたとのことです。

幸神クリニックの場所をマップで示しておきます。

ストリートビューではこちらになります。

また、幸神クリニックについて調べてみますと、内科、小児科、呼吸器内科を診療科目としていたようです。

評判や口コミでは、星が4や5が付くなど評判は高めだったようですね。

スポンサーリンク

中村外士雄の大学は?

中村容疑者はどこの大学を卒業したのでしょうか?

残念ながら、どこの大学を卒業しているのかは分かりませんでした。

しかし、研究者データに中村外士雄という名前を見つけました。

名前も珍しいですし、本人の可能性があるような気がします。

その方は、1990年度から医学部助手として産業医科大学に所属していたようです。

自分が卒業した大学で講義をするということもよくあることだと思います。

そう考えると、産業医科大学を卒業している可能性もあるのではないでしょうか。

事件現場は?

事件は、当時住んでいた北九州市小倉北区の自宅の寝室で起こりました。

事件現場についての画像が公開されておらず、特定とまでは至りませんでした。

分かり次第、加筆させていただきます。

余罪は?

中村容疑者には、他に余罪はあったのでしょうか?

どうやら中村容疑者は以下のような詐欺容疑で逮捕されたことがあるようです。

北九州市の病院の院長が、重度障害の患者の治療をしていないにもかかわらず、不正に診療報酬を請求してだまし取ったとして逮捕・起訴されている事件で、警察は、院長がほかにもおよそ60万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで再逮捕しました。
再逮捕されたのは、北九州市八幡西区にある「幸神クリニック」の院長で、医師の中村外士雄容疑者(68)です。警察によりますと、中村医師は、おととしの2月から去年10月までの1年9か月間に、重度障害の患者の男性を診療していないにもかかわらず、診療したように装って不正に診療報酬を請求し、91回分の診療報酬に当たるおよそ60万円を北九州市からだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。中村医師は、同じような手口で診療報酬をだまし取ったとして今月5日に逮捕され、24日、詐欺の罪で起訴されました。警察によりますと、中村医師は調べに対し、容疑を認めているということです。警察は、事件の詳しいいきさつや、ほかの診療の記録もさらに調べています。

出典元:福岡ニュース

余罪は多くあったようですね。。。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットでは次のような反応が見られました。

許容量の数倍を投与すればこうなる事は知っていたはず。最初から殺すつもりなら理由はなんだったのだろう?

出典元:Yahoo!ニュース

殺人じゃないの?

出典元:Yahoo!ニュース

だいぶ入れなきゃ中毒は起こさないだろ・・・

ま、情報が少ないニュースだから何があったのかは全く分からんけどね。

出典元:Yahoo!ニュース

今回、なぜ許容量を超える麻酔を投与したのか不思議がる声が多数上がりました。

殺人目的では?

と考えている方も数人見受けられました。

犯行動機は何だったのでしょうか、、、?

妻に恨みがあったのでしょうか。

これから真相を解明していってもらいたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回、中村外士雄容疑者について解説しました。

最近、医者による事件が悪目立ちしているような気がしますね。

このような事件が起きてしまったことは大変残念な気持ちです。

今回、亡くなられた中村容疑者の奥さんのご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする