根本政明の顔画像は?電線を今までで100件盗んだ⁉電線ってお金になるの?

Pocket

根本政明容疑者(31)が、市原市内の電線を盗んだ疑いで、逮捕されました。

盗んだ件数はなんと100件にもなるそうです!

今回は、根本容疑者の顔画像やFacebookアカウント、事件現場や犯行動機について紹介したいと思います。

また、今回は電線はどのくらいの金額なのかも解説したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

電線

出典元:チバテレ

根本政明容疑者(31)が、市原市内にある電線をおよそ23万円分(100件分)盗んだ疑いで、逮捕されました。

事件の概要ですが、

市原市内で電線を盗んだとして、31歳の無職の男が逮捕されました。男は「100件程度やった」と供述していて、警察は余罪を調べています。窃盗の疑いで逮捕されたのは、住居不定無職の根本政明容疑者(31)です。

警察によりますと、根本容疑者は市原市菊間の電柱に設置された約23万円相当の銅電線を盗んだ疑いが持たれています。

根本容疑者はことし7月に暴行容疑で逮捕され、その際乗っていた車から電線が見つかり、警察が事情を聞いたところ盗んだことを認めたということです。

出典元:チバテレ

だそうです。

100件分も電線を盗んだと言っていすが、よくいままでバレずに済んでいたなと思ってしまいます。

今回のような電線を盗むといった一遍変わった事件が起きたことに驚きを感じます。

また、根本容疑者は、去年9月ごろから電線の盗みを行っていたらしく、盗んだ電線は、県内の鉄屋に売っていたそうです。

1年間も犯行を繰り返していたのですね。

鉄屋さんも100件近くの電線を売りにくる男性に、奇妙さを感じていたかもしれませんね。

根本政明のプロフィールは?

根本容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 根本政明(ねもとまさあき)
年齢 31歳
住所 住所不定
職業 無職(電気工事士の免許所持、電線工事も行ったことがある。)
家族構成 不明

電気工事士の免許を所持していたんですね。

だから、今回の犯行をすることを考えたのでしょうか?

普通だったら、電線を盗むなんて考えが浮かばないですよね。

また、電気工事士の資格の合格率は、だいたい50%を行き来する程度のようです。

電気工事のプロとしての資格なのですから、電線くらい容易く盗めたかもしれませんね。

根本政明の顔画像は?

根本容疑者の顔画像ですが、まだ公開されていませんでした。

分かり次第、載せたいと思います。

また、根本容疑者のFacebookアカウントがあるかも調べてみましたが、本人と思われるアカウントが見つかりました

住所も事件の起きた市原市と一致しますし、高校を2016年に卒業しているようなので、年齢とも一致します。

しかし、本人と断定できたわけではないので、検索結果のみを載せておきます。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

こちらが本人だとしたら、なかなかの男前なのではないでしょうか?

事件現場は?

事件は、市原市菊間で起きました。

マップで示すとこの地域です。

また、事件の起きた地域の画像も載っていたので、掲載しておきます。

事件現場

出典元:チバテレ

電線ってそこら中にありますからね。

人通りもあまりよくなさそうに見えるので、すばやく盗めば見つからなかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

犯行動機は?

犯行動機ですが、根本容疑者は次のように供述し、容疑を認めているようです。

「生活費や遊ぶ金欲しさにやった」

出典元:チバテレ

生活費や遊ぶお金のために盗みを働いてしまったというのは、とても残念に感じてしまいますね。

根本容疑者には、しっかりと罪を償っていただきたいと思います。

電線ってどのくらいの金額なの?

電線はどのくらいの金額するのかを調べてみました!

調べてみたところ、上は1万5千円ほどで、下は100円のものまでありました。

平均的な値段は、5000~7000円くらいでした。

確かに、100件分売ったら、23万円分くらいにはなりそうですね。

電線ってこんなに高いんですね。。。

ネットの反応は?

ネットでは次のような反応が見られました。

懲役100年でお願いします

出典元:Yahoo!ニュース

くず人間屋もあればよかったのに。

出典元:Yahoo!ニュース

自分さえよければ、みんなが困っても知らん顔!
情けない無職の男!

出典元:Yahoo!ニュース

コメントにもあるように、電線って盗まれたら、電気も行き渡らなくなりますし、まわりの住民にすごく迷惑かかりますよね。

このような人に迷惑がかかるような事件が少しでも減ってほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする