西岡量生の顔画像は?堀田多恵さんを車ではねてしまった理由は携帯?事故現場も紹介!

Pocket

8日夜、西岡量生(32)容疑者が、道路わきを歩いていた堀田多恵さん(84)を車ではね、死亡させた疑いで、逮捕されました。

今回は、西岡容疑者のプロフィールや顔画像、事件現場、車ではねてしまった理由について解説したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

8日夜西岡量生(32)容疑者が、道路わきを歩いていた高齢女性(84)を軽乗用車ではね、死亡させた疑いで、逮捕されました。

事件の詳細です。

8日夜、和歌山市で道路脇を歩いていた高齢の女性が、軽乗用車にはねられ死亡しました。運転していた男は、「携帯電話を見ていた」と話しているということです。

警察によりますと、8日午後8時ごろ、和歌山市毛見の市道で、道路脇を歩いていた近くに住む堀田多恵さん(84)が、後ろから来た軽乗用車にはねられました。堀田さんは頭を強く打って意識不明の状態ですぐに病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。

出典元:JNN

交通事故で人が亡くなってしまうという悲しい事故が起きてしまいましたね。

堀田多恵さんのご冥福をお祈りいたします。

西岡量生のプロフィール

西岡容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 西岡量生(にしおかかずき)
年齢 32歳
職業 会社員
住所 和歌山市

家族構成 不明

西岡量生の顔画像は?

西岡容疑者の顔画像ですが、まだ公開されていませんでした。

公開され次第、加筆させていただきます。

また、西岡容疑者のFacebookアカウントがあるかも調べてみましたが、本人と特定できるものは見つかりませんでした。

気になる方は、検索結果のみ載せておきますのでご確認ください。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

事故現場は?

今回の事故は、和歌山市毛見の市道で起こりました。

事故現場の画像も公開されていました。

事件現場

事件現場

出典元:JNN

また、ストリートビューにて、今回の事故現場であろう場所を確認できました。

周りの外観とも一致しますので、おそらくここだと思われます。

この道路は、制限速度が時速30㎞となっていました。

今回の事件ですが、西岡容疑者は、制限速度よりもかなり速いスピードで走っていた可能性があるとみて、警察は調査しているようです。

スポンサーリンク

車ではねてしまった理由は?

西岡容疑者は、次のように供述し、容疑を認めています。

「携帯電話の時間を見ていて、衝突してしまった」

出典元:JNN

今回の事件は、携帯電話を見ていたのが原因のようですね。

ながら運転は、車の運転の際には禁じられている行為です。

携帯電話を見ていたという理由から人が亡くなるほどの事件にまで発展してしまったことは大変残念なことですね。

スマホによる事故の発生件数

スマホによる事故の発生件数は、年々増加傾向にあるようです。

こちらは、警視庁が発表している「平成28年中の携帯電話使用等に係る交通事故発生状況」を示すグラフです。

スマホ事故グラフ

出典元:警視庁

年々増加していることが窺えますね。

「携帯電話使用等による交通事故」は、5年前(平成23年)から比べると、約1.6倍にまで増加し、1999件発生しているようです。

特に、スマホによる交通事故は、約2.3倍にもなるそうです。

これは、2年前のデータになりますから、2018年はこれより増加しているのではないでしょうか?

ネットの反応

今回の事件に対して、次のような反応が見られました。

ご高齢者の起こした事故ばかりクローズアップするマスコミは、こういうのを積極的に出さないといけないと思う。
実際は多分スマホ運転の事故の方がご高齢者の事故なんかよりはるかに多いのではないでしょうか?
飲酒・スマホもって運転した人は、二度と免許を取れないとか、それくらいの重罰にしてもいいと思う。

出典元:Yahoo!ニュース

高齢者の交通事故に関しては確かによく報道されている気がしますね。

スマホ運転は危険な運転行為ですからね。

もっと報道されても良いのかもしれませんね。

明日は我が身と真剣に考えて運転しないとならないと思いました。スマホ見てしまう時もあるし、でもそれが自分の一生をぶち壊す原因になると、自覚しないと。飲酒運転だってついやってしまうんだろうし、轢き逃げだって、いざとなれば怖くなるだろうし、誰にでも起こることだから、交通事故は怖い。

出典元:Yahoo!ニュース

先日は自転車のスマホながら運転で女子大生が有罪になったけど、遥かに破壊力の強い車の運転中だとまさに走る凶器だと思う。

通話は元より、ナビにも音楽にもあらゆる情報や通信が可能なデバイスで、便利過ぎていつ何時もスマホを触っている人が爆発的に増えたのも背景なんだろうけど、アイテムを使っているつもりで自分が乗っ取られている自覚も必要な気がする。

出典元:Yahoo!ニュース

スマホというものが普及したことによって私たちは何でもかんでもスマホに頼りすぎなのかもしれませんね。

常に車を運転する際には、スマホを使わないように電源を切ったり、使わないという強い意志をを持っておくことが必要なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、西岡量生容疑者のプロフィールや顔画像、事件現場や車で轢いてしまった理由について解説しました。

ながら運転が、今回のような人がなくなる事故にまで発展してしまったことは残念です。

このような事故が起こらないように何か対策を取る必要があるのかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする