オクノ・エルザ・エツコの顔画像は?国籍はどこ?事故現場や事故が起きた理由とは?

Pocket

22日午後6時半ごろ、オクノ・エルザ・エツコ容疑者(71)が、道路を横断している男性をはね、死亡させた疑いで逮捕されました。

今回は、オクノ容疑者の顔画像、Facebookや事故現場、事故車両、そして、事故が起きたのはなぜかを解説したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

22日午後6時半ごろオクノ・エルザ・エツコ容疑者(71)歩行者男性をはね、死亡させた疑いで逮捕されました。

事件の詳細ですが、

22日夜、大阪市港区で71歳の女が運転する軽自動車が歩行者をはね、死亡させる事故がありました。

22日午後6時30分ごろ大阪市港区三先で、71歳の女が運転する軽自動車が道路を横断していた男性をはねました。

男性は全身を強く打っていて、病院に運ばれましたが、その後死亡しました。

出典元:関西テレビ

だそうです。

最近は、高齢者による事故も増えてきましたね。

何かしらの対策を施す必要がある気がしますね。

また、事故現場の近くにいた人は次のように事故について述べていました。

「キードンじゃなしに、ドンしか聞こえなかった。見たらここで、人がうつぶせで倒れていた」

出典元:関西テレビ

この証言から、ブレーキを踏んでいなかったことが明らかですね。

もし、ブレーキを踏んでいたら、状況は変わっていたかもしれませんね。

被害者男性も死なずに済んだかもしれません。

今回のような事故で死者が出てしまったことはとても残念ですね。

オクノ・エルザ・エツコのプロフィールは?

オクノ容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 オクノ・エルザ・エツコ
年齢 71歳
国籍 ブラジル
職業 不明
住所 泉大津市

名前がカタカナだったので、どこの国籍だろうと思ったら、オクノ容疑者はブラジル国籍だったようですね。

エツコという名前は、日本人の名前にもよくあるので、国際結婚だったのでしょうか?

家族構成については不明ですが、夫がいたかもしれませんね。

また、オクノ容疑者の自宅の地域をマップで示しておきます。

海が近くにあるみたいですね。

ちなみに泉大津市毛布のまちと呼ばれているらしく、国内産毛布シェア率は9割にもなるそうです。

オクノ容疑者はそんな素晴らしい場所に住んでいたようですね。

オクノ・エルザ・エツコの顔画像は?

オクノ容疑者の顔画像ですが、まだ公開されていませんでした。

分かり次第、載せたいと思います。

また、オクノ容疑者のFacebookアカウントがあるかも調べてみましたが、本人と特定できるものは見つかりませんでした。

気になる方は、検索結果のみ載せておきますので、ご確認ください。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

年齢的にもやっていなかったかもしれませんね。

ブラジル国籍なので、もしかしたらアルファベット入力で出てくるかもしれませんが、スペルが分からなかったので、調べることができませんでした。

スポンサーリンク

事故現場はどこ?

事故が起きたのは、大阪市港区三先で起こりました。

事故現場の画像はこちらです。

 事故現場

出典元:関西テレビ

周りにお店などが少なく、明かりが少ないようですが、極端に暗いという感じはしないですね。

事故車両は?

オクノ容疑者の事故車両はこちらです。

事故車両

出典元:関西テレビ

オクノ容疑者は軽自動車に乗っていたようです。

フロントガラスにひびが入るほどの衝撃だったことが窺えますね。

なぜ事故が起きたのか?

では、今回なぜ事故が起きたのでしょうか?

オクノ容疑者は次のように供述しているようです。

「前方をよく見ていなかった」

出典元:関西テレビ

車の運転に慣れていたのかもしれませんね。

そのために、注意不足を招き、歩行者を轢き、死亡させるといった最悪な状況を生み出してしまったのかもしれません。

今回、歩行者男性が亡くなったことも悔やまれますね。。

ネットの反応

今回のケースだけでなく、普段から前方を確認しない人が多くなった。
特にスマホをいじっている人間に関しては乗り物に乗っている乗ってないに関わらず、前方を全く見ていない。
これからも一層、このような事故は増え続けると思う。

出典元:Yahoo!ニュース

飲酒運転やスマホ見ながらの運転は、包丁を持ってうろうろしてる奴と同じ。事故ではなく事件で裁かれるべきではないでしょうか。

出典元:Yahoo!ニュース

車を運転して前方を見ていなかったというのは論外な事だが歩行者も無理な横断は止めて横断歩道や歩道橋を利用して欲しいね。

出典元:Yahoo!ニュース

スマホをいじっていたという可能性も確かに否めないですね。

なぜ、前方を見て運転していなかったのかは分かりませんが、車を運転する時は常に細心の注意を払わなければならないでしょうね。

歩行者側であったとしても、車側が止まってくれるから大丈夫と慢心しないことが大事でしょうね。

このような事故を減らすためには、運転手側、歩行者側のどちらもが気を付けなければならないのでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする