尾張津島天王祭2019!日程や駐車場、穴場スポットは?巻き藁船と市江車が見どころ!

Pocket

2019年に行われる「尾張津島天王祭」についてまとめました!

およそ600年の歴史を誇り、日本三大川祭りの一つとしても数えられているお祭り。

全国の夏祭りの中でも特に華麗であると評判高く、毎年20万人以上がこの華麗なお祭りを見ようと訪れます。

今回は、尾張津島天王祭の日程や見どころ、アクセス、駐車場情報や穴場スポットなどを紹介しようと思います♪

スポンサーリンク

尾張津島天王祭とは?

尾張津島天王祭

尾張津島天王祭は、およそ600年の歴史を誇り、室町時代から続いているとされているお祭りです。

歴史の教科書にも数多く登場する織田信長や豊臣秀吉にも愛されたと言われるお祭りは、日本三大川祭りの一つとしても数えられ、2016年には、ユネスコの無形文化遺産にも登録されました

数多くある夏祭りの中でも、最も華麗であるとも言われているお祭りであり、見る人の心を魅了します。

尾張津島天王祭2019の日程

2019年の尾張津島天王祭の日程は、7月27日(土)・28日(日)合計2日間行われます。

他の詳細についてもまとめておきます。

日程 7月27日(土)、28日(日)
時間 宵祭:18:00~22:00

朝祭:8:40~11:30

開催場所 天王川公園
住所 津島市宮川町1丁目
マップ
お問い合わせ 0567-24-1111(津島市産業振興課)
公式HP 津島市公式HP

雨天の場合、尾張津島天王祭は行われるの?

雨天の場合も予定通り行われるかと思います。

ただし、台風などの荒天の場合は、中止になることもあるかと思います。

実際に、2018年のお祭りでは、台風のため花火大会が中止となりました

そのため、当日の詳しい予定については公式HPで確認しておくと良いかもしれません。

ちなみに、2018年の尾張津島天王祭の中止になった様子を写真にとっている人がいました。

とても物寂しい様子でしたね、、、。

今年は、 晴天であることを祈りましょう!

スポンサーリンク

尾張津島天王祭のイベント詳細

宵祭

メイン18:00~ですが、お祭り自体10:00~行われています。

時間 イベント
10:00~ 神輿渡御
19:00~ 如意点火
19:30~21:20 花火大会
20:30~ 迎え
20:45~ 出船
21:30~ 御旅所着

朝祭

時間 イベント
8:40~ 迎え
9:00~ 出船
9:45~ 御旅所着
10:30~ 神輿還御祭
11:30~ 稚児の神前奏楽

稚児の神前奏楽は、津島神社にて行われます。

尾張津島天王祭の見どころは?

宵祭は500もの提灯を付けた巻き藁船!

宵祭の見どころは、500もの提灯を付けた巻き藁船です!

宵祭の当日に、提灯を一つずつ付けていき、巻き藁船を完成させていきます。

花火が打ち上がる中、5隻の巻き藁船がゆうゆうと泳ぐ姿はとても幻想的です。

特に、水面に映り、反射した提灯の灯の美しさには言葉を失うことでしょう!

こちらは、巻き藁船の写真を実際に撮った方の写真です。

この投稿をInstagramで見る

Учим японский дома!さん(@nihongo_home_learn)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

ぷぴおさん(@pupio.dx)がシェアした投稿

花火が上がることで、より風情さを感じさせてくれますね。

朝祭は豪華絢爛な市江車と鉾持の水中飛込!

朝祭は、宵祭とは違った雰囲気を感じさせてくれます。

能人形を乗せただんじり船が出ており、市江車を先頭に楽を奏でながら6隻のだんじり船が漕ぎ進んでいきます。

どの船も豪華絢爛であり、見る物を圧倒することでしょう!

また、市江車が目的の場所に着くと、鉾持と呼ばれる10人の男性たちが、布鉾を持ち、水中に飛び込み、川を泳ぎます

そして、堂々たる走りっぷりで、津島神社に向かいます。

その男男らしい走りに感動すること間違いないでしょう!

その後、稚児たちが津島神社に入り、神前奏楽が行われます。

こちらは、だんじり船と市江車の写真です。

この投稿をInstagramで見る

牧原和子さん(@makkii60)がシェアした投稿

前に並んでいる男性たちが、鉾持と呼ばれる人たちです。

これから飛び込むところでしょうか?

この投稿をInstagramで見る

jun-chanさん(@john_narita)がシェアした投稿

市江車とだんじり船の絢爛豪華な雰囲気に魅了されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

尾張津島天王祭のトイレの場所は?

トイレが近いけれど、このお祭りにはトイレがあるのか不安という方もいるかと思います。

安心してください!

このお祭りには、トイレも設置されています

トイレの場所は、ここら辺になります。

尾張津島天王祭 トイレ(画像をクリックすると拡大します)

天王川公園の名古屋津島線方面にトイレがあります。

また、こちらの赤枠の所は密集場所となり、屋台なども立ち並びます。

尾張津島天王祭に屋台は出るの?

屋台

このお祭りには、屋台も多く出ています

屋台が出ているところは、トイレがある範囲と同じであり、名古屋津島線方面に密集しています。

ただ、大変混雑しているため、子供と一緒に行く場合は、しっかりと手をつないでおかないとはぐれてしまう可能性があります。

また、地面はコンクリートではなく、土になっているため、運動靴など履きなれた靴で行くことをおすすめします。

こちらは、屋台の様子を映していた方の写真になります。

この投稿をInstagramで見る

いけちゃんさん(@ikechan519ky)がシェアした投稿

焼きそばやたこ焼きなどの主要な食べ物の屋台もありますし、金魚すくいなど遊び場もあります!

スポンサーリンク

尾張津島天王祭の穴場スポットは?

巻き藁船や市江車を見るのにおすすめの穴場スポットを紹介したいと思います。

天王川公園自体、中心が窪んでいる状態になっているため、どこからも観覧できるようにはなっています。

そして今回、特に見やすい2か所の穴場スポットを調べて見つけました!

赤枠で囲んだ場所は、屋台なども立ち並ぶ密集地域になります。

船も良く見えるので、おすすめのスポットになるかと思います。

ただし、人が一番集まるところなので、なかなか良い状況で見れない可能性もあります。

実際、混雑しすぎて見れずに終わってしまったという方もいるようです。

そこで、落ち着いてみたいという方には、青枠で囲んだ場所がオススメとなります。

こちらも船をよく見ることができます。

屋台などがないため、人も密集しづらく、落ち着いてみることができます

もし、もっとじっくり巻き藁船が見たいという方は、有料席も用意されています。

尾張津島天王祭の有料席(桟敷席・パイプ椅子)の受付期間や料金は?

受付開始は、毎年、5月末~6月1日ごろの間に行われています。

2018年は、6月1日(金) 9:30~ 受付が行われていました。

有料席についての詳細をまとめておきます。

受付期間 5月末~6月1日ごろ9:30~

※定員になり次第、受付終了

受付番号 0567-28-8051(津島市観光協会)

有料席 区分 場所 料金 その他
屋形桟敷 特等 丸池北東側 60,000円 3.6m×2.7m
1等 48,000円
2等 40,500円
3等 33,000円
観光桟敷 桟敷席 観光桟敷西側 44,000円 1.8m×2.7m
テーブル席 41,000円
桟敷席 観光桟敷東側 45,000円
テーブル席 43,000円
観覧席 (丸池東側) 2500~3500円 パイプ椅子席となります。
屋形舟 上屋有 220,000円 20人乗り・船頭付
上屋無 150,000円
大舟 77,000円 10人乗り

スポンサーリンク

尾張津島天王祭のアクセス・駐車場

車でのアクセス

車の場合東名阪自動車道弥富ICより北へ15分進むと会場に着きます。

ただし、車でこのお祭りに行くことはあまりお勧めできません。

なぜなら、お祭り当日は、天王川公園周辺に交通規制も張られます

そのため、大変混雑することが予測されます。

もし、車でのお越しをお考えならば、お祭りのピークである(18:00~)時間を避けることを推奨します。

駐車場

駐車場情報についても載せておきます。

お祭り当日は、無料の臨時駐車場が1600台分用意されています

駐車場が次の8カ所です。

  • 津島市立西小学校 13:00~
  • 津島市立図書館 16:00~
  • 津島市立南小学校 17:00~
  • 文化会館 17:00~
  • 総合保健福祉センター 17:00~
  • 海部総合庁舎 18:00~
  • 津島市役所 18:00~
  • 商工会議所 18:00~

公共機関でのアクセス

公共機関を利用する場合は、名鉄津島線津島駅を下車後、西へ徒歩20分の所に会場があります。

尾張津島天王祭に近いおすすめのホテル3選!

お祭り付近のおすすめのホテルを3つ紹介しようと思います!

ABホテル一宮

このホテルは、一人当たり2,962円~(大人2名利用時)と値段もリーズナブルです。

最寄り駅は、名鉄一宮駅であり、徒歩2分の所にあります。

名鉄一宮駅~津島駅まではおよそ30分なので、お祭り会場からもそこそこ近いです。

このホテルは、シンプルモダンなビジネスホテルであり、自然光が差し込む品のあるロビーが穏やかな雰囲気を感じさせてくれると評判です。

ホテルルートイン一宮駅前

このホテルは、一人当たり4,212円~(大人2名利用時)とこちらもリーズナブルなお値段となっています。

最寄り駅の名鉄一宮駅から徒歩3分の所にあり、交通の利便性も高いです。

飾らないシンプルなホテルであり、スタッフの親切でプロフェッショナルな姿勢に評判を得ています。

アパホテル<尾張一宮駅前>

こちらのホテルは、一人当たり2,777円~(大人2名利用時)です。

最寄り駅は名鉄一宮駅であり、東口より徒歩2分の所にあります。

市内中心部に位置しており、すぐ近くにはコンビニもあり、利便性が高いです。

スポンサーリンク

まとめ

今回、尾張津島天王祭について紹介しました。

600年近い歴史を持つ、幻想的で豪華絢爛なお祭りに訪れてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする