泳げ鯉のぼり相模川2019!日程や見どころは?大空を泳ぐ1000匹以上の鯉のぼりを見たい!

Pocket

今回は、4月29日(月)~5月5日(日)に開催される『泳げ鯉のぼり相模川』についてまとめました!

相模原の代表的なお祭りであり、毎年、1000匹以上の鯉のぼりが雄大に泳ぐ姿を見ることができます。

それでは、今回は、お祭りの詳細や日程、見どころ、アクセス情報などについて紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

泳げ鯉のぼり相模川とは?

相模川 鯉のぼり

出典元:ウォーカープラス

泳げ鯉のぼり相模川とは、相模原の代表的な祭りであり、なんと1988年(昭和63年)から開催され続けているお祭りです!

もともとは、人と人とのコミュニケーションの場を作りたい子どもたちに夢や思い出を与えたい、また、自然豊かな相模川を共有する人々による新たな文化の創造を寄与したいという想いから開催されるようになったようです。

上記の写真のように、5本のワイヤーには、1000匹以上の鯉のぼりが雄大に泳いでいます

相模川の自然を泳ぐ鯉のぼりたちに圧倒されてみてはいかがでしょうか?

2019年の泳げ鯉のぼり相模川の詳細は?

2019年の「泳げ鯉のぼり相模川」は、4月29日(月)~5月5日(日)合計7日間行われます!

雨天の場合についても、予定通り決行されるようです。

それでは、こちらにその他の詳細をまとめておきます!

日程 4月29日(月)~5月5日(日)

4月29日には開会式のイベントが開催されます

開催場所 神奈川県相模川高田橋上流
住所 相模原市中央区水郷田名
マップ
お問い合わせ 042-770-7777(相模原市コールセンター)
公式HP https://www.oyoge-koinobori.com/

スポンサーリンク

見どころは?

泳げ鯉のぼり相模原

出典元:泳げ鯉のぼり相模川公式サイト

このお祭りの見どころは、やはりおよそ1000匹にもなる鯉のぼりの群泳を見ることができることではないでしょうか!

また、相模川付近で、鯉のぼりが上げられるため、自然の豊かさを感じられるのも魅力の一つです。

毎年五月晴れの中、キャンプを張り、鯉のぼり観賞を満喫する人たちで賑わいます。

屋台はあるの?

このお祭りでは、屋台も出ています

焼きそばやバナナチョコなどのメジャーな物ならばある程度揃っているかと思います。

そのため、鯉のぼりを軽食を取りながら見たいという方にもおすすめのお祭りとなっています!

スポンサーリンク

アクセスについて

アクセス情報をここにまとめておきます。

車で、このお祭りに行く場合は、 「さがみ縦貫道(圏央道)相模原IC」から県道511号線経由をすることにより、およそ20分で目的地に着くことができます。

駐車場

駐車場ですが、およそ2000台停めることのできる駐車場が用意されているようです。

電車・バス

電車とバスで行く場合は、 JR横浜線・京王線「橋本駅」から「田名バスターミナル」行きバスに乗り、そのまま終点まで行きます。

その後、徒歩15分程度で目的地にたどり着くことができます。

おすすめは?

このお祭りですが、当日、ゴールデンウィーク期間ということもあり、大きな交通渋滞も見込めるかと思います。

また、駐車場にも数に限りがありますので、最悪の場合、停められない可能性があります

そのため、電車やバスなどの公共機関を使うのがオススメかと思います。

どうしても車で行かなければならないという場合は、朝早めに家を出た方がよいでしょう

まとめ

今回、泳げ鯉のぼり相模川について紹介しました。

平成最後の鯉のぼりの雄大な泳ぎを自然豊かな相模川で感じてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする