三条祭り2019!日程や交通規制情報について紹介!大名行列の練り歩きがすごい!

Pocket

今回は、毎年5月中旬に行われる「三条祭り」についてまとめてました。

新潟県のほぼ中央に位置し、県内有数の工業都市を誇る三条市で行われる盛大なお祭りの一つである「三条祭り」。

今回は、日程などの詳細や見どころ、交通規制情報などを紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

三条祭りとは・・・?

祭り

三条祭りは、正式には「三条八幡宮春季例大祭」と呼ばれ、1822年、村上藩主の内藤信敦が京都所司代となったことを祝うために行われるようになったようです。

その際に、10万石の格式を持つ大名行列が行われました。

三条祭りでは、その大名行列を伝統行事として、毎年、天狗様や神輿が商店街を練り歩く大名行列が行われ、大きな賑わいを見せています!

三条祭り2019 日程や場所は?

2019年の三条祭りは5月14日(火)~15日(水)合計2日間行われます。

雨天の場合についての情報は見つかりませんでしたが、おそらく予定通り行われるかと思います。

そのため、折り畳み傘などをあらかじめ用意しておくと良いかもしれません!

三条祭りの詳細を下にまとめておきます。

日程 5月14日(火)~15日(水)
時間 12:45~ 大名行列

17:00~ 舞込

開催場所 三条八幡宮
住所 三条市八幡町12-18
マップ
お問い合わせ 0256-34-5511 三条市経済部営業戦略室
公式HP 三条祭り公式HP

スポンサーリンク

日程ごとのイベント詳細

日にちごとのイベントの詳細をまとめておきます。

ただし、現在、今年の詳細についてはまだ公開されていませんでしたので、2018年の日程ごとのイベント詳細をまとめておきます。

5月14日(火)

時間 会場 内容
夕方~ 三条八幡宮 宵宮

※19時頃~ 三条八幡宮で神事が行われます。

5月15日(水)

時間 内容 場所
11:00~ 出陣式 八幡宮前ー諏訪神社
11:30~ 勝鬨の掛け声
12:15~ 八幡宮拝殿前集合
12:45~ 大名行列
16:00~ 諏訪神社着
17:00~ 舞込

見どころは?

この三条祭りには、多くの見どころがあります!

その中でも、特に大きな盛り上がりを見せる行事を3つ紹介したいと思います。

宵宮

屋台

5月14日には、宵宮が行われます。

この日には、およそ230店もの露店が開かれ、とても賑わいます!

露店巡りが好きな方は、十分満喫することができるかと思います。

また、露店がたくさんあるため、子どもも飽きることなく楽しむことができるでしょうね!

下の写真のように、当日も大変混みあうかもしれないですね!

大名行列

この大名行列は、特に見ごたえのある行事の一つになるかと思います。

10万石もの格式を持つ大名行列が、三条八幡宮から諏訪神社まで練り歩きます


先頭に先供(やっこ)が、続いて、傘鉾天狗鷹匠神輿などが続きます。

大名行列の途中、先供が相手側の先供に棒のようなものを放り投げるパフォーマンスや空中に高く棒を上げる様子を見ることができるでしょう。

思った以上に長い棒を自由自在に操る姿に感嘆するかと思います!

片手で棒を振り上げたり、空中に投げたりなど様々な技を見ることができるため見ていて飽きることなないのではないでしょうか?

また、天狗も見逃すことができません

こちらは大名行列の天狗の写真です。

天狗

出典元:三条祭り公式HP

およそ60センチもの一本歯のゲタを履き練り歩く姿にはハラハラします。。。

転ばないかと息が止まってしまうほどです。

ちなみに、万一、天狗がバランスを崩したり、転倒したりした場合は、災いが起こると言い伝えられているようです。

天狗様が無事歩き終えられることを願いながら見守ることにしましょう。

スポンサーリンク

舞込(まいこみ)

この舞込では、多くの市民が参加する伝統行事となります。

三条八幡宮に戻った天狗と神輿は、三条八幡宮を3回周って本殿に戻り、その際に、子供の成長無病息災を祈り、親が子どもを肩車し、天狗や神輿とともに、3回周ります。

こちらは、三条祭りの舞込の様子になります。

しかし、参加する際にはいくつか注意事項があります。

舞込に参加する際の注意点

舞込に参加する場合にはいくつか注意点があるようです。

参加する場合は、各自で白足袋を用意すること。
→靴での参加は、他の参加者のケガの要因となるため。

おんぶや抱っこでの参加は禁止。
→周りの参加者に子供が押しつぶされる可能性があるため。
→首のすわっていない子供も危険なため、基本的に参加は禁止。

拝殿に入る際は、子どもが拝殿の梁にぶつからないように頭上に注意すること。

なお、白足袋は家で用意することができない人もご安心ください。

お祭り当日は、境内入口付近の若衆会テントでも、白足袋の販売をしているようです。

上の注意点に気を付けてもらえれば基本的に誰でも参加することはできるようですね。

アクセスについて

アクセスについてまとめておきます。

車の場合

北陸自動車道三条燕ICから約10分で目的地に着くことができます。

ただし、臨時駐車場は、およそ50台ほどしかありません。

また、交通規制も引かれるようなので、道路は大変混雑することが予想されます。

そのため、電車やバスなどの公共機関を使う方が無難かもしれません。

電車の場合

JR弥彦線北三条駅より徒歩10分で目的地に到着できます。

14日の宵宮の時間帯(夕方ごろ)や15日の大名行列の時間帯(12:45~)は電車内が混雑する可能性がありますので、その時間帯を避けて余裕をもってお祭り会場に向かうことをおすすめします。

スポンサーリンク

交通規制について

お祭り当日は、交通規制されている場所があります。

日にちごとに交通規制場所をまとめておきます。

残念ながら、2019年の規制情報は出ておりませんので、去年の交通規制場所をまとめておきます。

2019年の交通規制の情報については分かり次第、更新させていただきます。

【更新】

2019年の交通規制マップが公開されました。

5月14日の交通規制

規制区間 規制時間
・市道八幡小路線

・市道森下通り線

・市道五ノ町一ノ木戸線

14日9:30~16日正午まで車両通行止め
JR弥彦線高架下道路 9:30~22:00(一方通行)

5月15日の交通規制

規制区間 規制時間
本町六丁目交差点~一ノ門交差点 12:30~17:00(車両運行止め、バス迂回運行)
一ノ門交差点~田島交差点 14:30~17:00(車両運行止め)
JR弥彦線高架下道路 9:30~22:00(一方通行)

交通規制マップ

2019年の交通規制マップを載せておきます。

出典元:三条祭り公式HP

まとめ

今回、「三条祭り」について紹介しました。

大名行列や舞込など見どころたくさんのお祭りです!

ぜひ、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする