杉田宏校長の顔画像やブログは?府立生野聴覚支援学校校長が少女にわいせつ行為をした疑いで逮捕!

Pocket

6日、府立生野聴覚支援学校の校長である杉田宏容疑者(59)が、会員制交流サイトで知り合った少女(15)に現金1万円を渡し、わいせつな行為をした疑いで逮捕されました。

今回は、杉田容疑者の顔画像やプロフィール、ブログについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

昨年9月29日午後杉田宏容疑者(59)が、大阪市北区のホテルで少女(15)に現金1万円を渡し、わいせつな行為に及んだ疑いで、6日に逮捕されました。

事件の詳細はこちらになります。

会員制交流サイト(SNS)で知り合った少女とわいせつな行為をしたとして、兵庫県警は6日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、大阪府松原市、府立生野聴覚支援学校校長杉田宏容疑者(59)を逮捕した。県警によると、容疑を認めている。

逮捕容疑は、昨年9月29日午後、大阪市北区のホテルで、少女(15)に現金1万円を渡す約束をしてわいせつな行為をした疑い。

兵庫県警によると、2人は昨年9月下旬にSNSを通じて知り合った。10月、少女の関係者が2人のやりとりに気付き、県警に相談した。

出典元:共同通信

教育者がこのような事件を起こしてしまったことは大変残念に感じますね。

少女は支援学校に通う生徒だったのかそれとも別の学校に通っていたのかについては分かりませんでした。

少女は1万円を受け取っていますが同意の上での行為だったのでしょうか?

それとも断れない状況であったのでしょうか?

詳しい経緯については分かり次第、加筆させていただきます。

杉田宏校長の顔画像は?

杉田容疑者の顔画像ですが、まだ報道されておらず分かりませんでした。

しかし、「杉田宏校長」で調べてみると、画像欄から本人と思われる画像がありました。

学校は違うものの、支援学校という点では共通し、名前も一致しています。

ただ、同姓同名の可能性も捨てきれたわけではないので、ここでの公開は控えさせていただきます。

また、杉田容疑者のFacebookアカウントがあるかも調べてみましたが、本人と特定できるものは見つかりませんでした。

しかし、様々な障害についての投稿をしているアカウントはありました。

しかしながら、断定とまでは至っていないので名前の検索結果のみ載せておきます。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

杉田宏校長のプロフィール

杉田容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 杉田宏
年齢 59歳
職業 大阪府立生野聴覚支援学校校長
住所 大阪府松原市

家族構成 不詳

杉田容疑者の家族については情報を得られませんでしたが、年齢的に見ても奥さんや子供はいた可能性があるかもしれないですね。

もしいたとしたら、今回の事件が起きたことを大変悲しんでいることでしょうし、離婚問題に発展する可能性もあるかもしれないですね。

スポンサーリンク

杉田宏校長の勤務していた府立生野聴覚支援学校について

杉田容疑者が勤務していた府立生野聴覚支援学校をマップに示しておきます。

ストリートビューはこちらです。

この学校は、大正15年5月2日(1926年)に、小西薬剤学校を仮校舎とする 大阪聾口話学校(私立)として創設されたようです。

そして、昭和59年4月1日(1984年)には、大阪府立生野高等聾学校設置、独立校となり本校より分離しました

今年の5月で創立記念93年になる歴史ある学校のようです。

また、生野聴覚支援学校では、次のような教育方針を掲げています。

本校は、「教育基本法」及び「学校教育法」の趣旨にのっとり、聴覚障害幼児・児童・生徒に対し、
心身の発達と障害の状況を的確に把握して、個々に応じたきめ細やかな教育を行います。

特に、言語指導に配慮して、日常生活に必要な言語力を養い、幼稚園、小学校、中学校に準じた教育を行い、
心身ともに健康な子どもを育て、将来豊かな社会人として活躍し得る基礎を養うことに努めています。

出典元:大阪府立生野聴覚支援学校 ホームページ

たとえ聴覚に障害があっても、心身ともに健康に育て、社会で活躍できるようにさせる方針に感動しますね。

そんな素晴らしい学校に校長自信が泥を塗るような形になってしまったことは大変残念な思いですね。

これから名誉回復に努めていってもらいたいです。

スポンサーリンク

杉田宏校長はブログを更新していた?

府立生野聴覚支援学校のホームページにて、「校長ブログ」というブログが存在しました。

それがこちらになります。
⇒校長ブログ

このブログですが、ほぼ毎日更新されていたにもかかわらず、12月21日からぱったりと更新が途絶えています。

ちょうど逮捕された時期と重なりますね。

お正月休みだから更新していないのではとも思いましたが、すでに学校は始まっているでしょうし、去年の1月4日には次のような内容を更新しています。

平成30年が始まりました、改めまして、おめでとうございます。 手話言語条例が制定され1年が立ち、東京オリンピックに向けて障がい者スポーツの普及理解が進む中、聴覚障がい支援教育現場においては人工内耳の普及率の増加、日々進歩するICT機器やソフト等、新たな教育課題や教育方法など、新しい時代に対応する力が求められています。 それらに対応する新学習指導要領も4月から順次実施され、教科授業をしている本校も先行実施している小学部の英語授業を始めグローバル(国際的)に対応出来る、自ら切り開いて行ける力を付けていかなければなりません。 その方法が「主体的・対話的で深い学び」であり、めざす所は「生きる力」なのでしょう。 本校教職員一同これからの聴覚障がい支援教育を見据えて、今後も精進して行きますので、みなさまのご理解ご協力ほど、今年もよろしくお願いいたします。 平成30年1月4日 校長 杉田 宏
ということは、書けない状況にあった可能性があるのでしょうね。

犯行動機は

なぜこれだけ教育熱心であり、校長という立場にいた人がこのような事件を起こしてしまったのでしょうか?

残念ながら犯行動機についてはまだ分かっていませんでした。

もしかしたら、校長という責任の重い役職にストレスを感じ、魔が差しこのような事件に至ってしまったのかもしれないですね。

あるいは、家に居場所がなく、ストレスを溜めていき、SNSで知り合った少女に安らぎを求めていたのかもしれません。

どんな理由にせよ、このようなわいせつ行為に及んでしまったことは大変残念ですね。

犯行動機については分かり次第、加筆させていただきます。

スポンサーリンク

事件の起きたホテルは?

今回、事件は大阪市北区のホテルで起きたようです。

大阪市北区にあるホテルを調べてみました。

このようにホテルの数が多すぎるため特定するのは難しそうですね。

報道でより詳しい情報が入り次第、加筆させていただきます。

ネットの反応

ネットでは次のような反応が見られました。

少女の関係者2人って何者なのだろう。親と書けずに関係者?それと確か売った側も処罰される法・条例だったはずだが、続報を望みたい。

校長は教員の意識がないのが多いので大変でしょう。教員も色々ですが。

本人はもとよりその少女にも厳しく指導しなきゃそれとその少女の友人もやってるんじゃないか。

(出典元:Yahoo!ニュース)

今回、杉田容疑者を非難する声が多く上がる中、少女にも責任があるのではないかというコメントも多数上がりました。

少女にも何かしらの罰が与えられるかは今後の報道で分かってくるかもしれませんので、分かり次第、加筆させていただきます。

スポンサーリンク

まとめ

今回、杉田宏容疑者について解説しました。

校長という立場にいた人がこのような事件を起こしてしまったことはとても悲しいですね。

教育者によるこのような事件が早くなくなることを心から願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする