住吉祭り2019の日程は?屋台や大和川を渡る神輿渡御は見どころ!

Pocket

今回、2019年に行われる「住吉祭り」についてまとめました。

大阪三大夏祭りの一つとしても数えられ、毎年、30万人以上が訪れるお祭りです。

それでは、2019年の住吉祭りの日程や見どころ、屋台情報やアクセスなどについて紹介します♪

スポンサーリンク

住吉祭りとは?

住吉祭り

出典:ウォーカープラス

住吉祭りは、大阪三大夏祭りのひとつであり、大阪市の住吉大社で行われる例大祭を中心としたお祭りです。

「住吉大社神代記」によると、住吉大社の夏祭りは、奈良時代には六月のみはらえとして恒例的に行われていたと記録があるようです。

このことからもかなりの歴史がある伝統的なお祭りであることは分かりますね!

主に住吉祭りは、海の日に行われる神輿洗神事7月30日宵宮祭7月31日住吉祭例大祭・夏越祓神事(なごしのはらえしんじ)8月1日渡御祭・頓宮祭、荒和大祓神事から構成されています。

特に、31日と8月1日は大きな盛り上がりを見せ、住吉祭と言えばこの2日間を指して言うことも多いようです。

ちなみに夏越(なごし)の由来は、名越から来ていると言われています。

名越とは、6月の晦日を表した言葉のようで、そこから、夏越になったと言われているようです。

住吉祭2019の日程は?

住吉祭は、主に、7月30日(火)~8月1日(木)合計3日間行われます。

神輿洗神事のみ、7月17日に行われます

他の詳細もまとめておきます。

日程 7月30日(火)~8月1日(木)
時間 7月17日 神輿洗神事 夕方

7月30日 宵宮祭:20:00~

7月31日 例大祭・夏越祓神事 17:00~

8月1日 神輿渡御 午後

開催場所 住吉大社
住所 大阪市住吉区住吉2丁目9-89
マップ
お問い合わせ 06-6672-0753(住吉大社)
公式HP 住吉大社公式HP

スポンサーリンク

住吉祭りの見どころは?

夏越祓神事の艶やかな儀式と茅の輪くぐり!

7月31日に行われる夏越祓神事は、見どころの一つとなります。

夏越祓神事は、大阪府指定民俗文化財にも選ばれており、優美に着飾った夏越女や稚児たちが茅の輪をくぐる儀式が行われます。


その後は、神楽や住吉踊りが行われます。

神楽は、私たちにとても艶やかな舞を見せてくれます。

また、住吉踊りでは、特に子供たちの踊りがとてもかわいらしく感じます!

一生懸命さが伝わってきますし、見ていると楽しい気分にもさせてくれます。

こちらは、夏越祓神事の様子です。

また、この夏越祓神事に欠かせないものに茅の輪をくぐる儀式です。

ちなみに茅の輪とは、次のようなものです。

茅の輪

そもそも茅の輪をくぐるような風習が生まれた由来は、疫病や災いなどの厄を除けるために無病息災を願って行われていたと言われています。

この茅の輪くぐりですが、一般の参詣者も行うことができます。

参詣者はこの茅の輪をくぐる際に、茅(ちがや)を一本ずつもらい、3度の茅の輪をくぐり本宮に参進します。

その際に、参詣者は次のような和歌を唱えます。

住吉の夏越 (なごし) の祓する人は千年 (ちとせ) のよはひのぶといふなり

出典:住吉大社公式HP

「よはひ」は「齢」の字が、「のぶ」は「延ぶ」から来ていると考えられます。

つまり、この和歌の意味は、「住吉の夏越の祓をする人は千年もの寿命を得ることができると言う」のような意味があるのではないかと考えられます。

厄除けのために、茅の輪をくぐってみてはどうでしょうか?

大和川を渡る神輿渡御!

8月1日に行われる神輿渡御は、大阪一とも言われており、住吉祭りでも最も盛り上がりを見せる行事の一つではないでしょうか?

「べら、べら、べーっら」と威勢のいい掛け声とともに、住吉大社から御旅所である堺の宿院頓宮まで行列を作り巡行します。

総勢1200名以上の奉仕者が行列を作り、大御輿、鳳輦、獅子舞、船神輿が練り回ります。

中でも、特に見どころになるのは大御輿が、大和川を渡る瞬間ではないでしょうか?

その瞬間を写真に撮影していた人がいました。

この投稿をInstagramで見る

MINERVAさん(@minerva.70th)がシェアした投稿

大胆に神輿を担ぎ、川を横断していますね!

川に入る前に、階段があるのですが、無事に川まで担げるのかと緊張が走ります。

川に入った瞬間は、安堵とともに感動します!

スポンサーリンク

屋台もたくさん出る!

屋台の数がとても多いということも魅力の一つだと思います。

屋台の数がとても多いため、混雑度が尋常じゃないです。

ちなみにこんな感じです。


こちらは、夜のお祭りの様子を撮った方の写真ですが、凄まじい混み具合であることが窺えるかと思います。

この投稿をInstagramで見る

ななさん(@nana.s0906)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

yoko ☻さん(@sayoney)がシェアした投稿

上の写真から、浴衣で来ている人も多いようですね。

夏の風物詩である浴衣を着て、このお祭りに出向くのもいいかもしれないですね~。

住吉祭りのアクセス方法

車でのアクセス

車の場合は、阪神高速15号境線に乗り、玉出出口より約10分で会場に着くことができます。

A、阪神高速15号境線

B、玉出駅

C、住吉大社付近(会場)

ただし、毎年、このお祭りは大変混雑しており、交通規制も出ています

そのため、車で直接このお祭りに向かうことはあまりお勧めできないいかと思います。

駐車場

お祭り側で用意されている臨時駐車場は特にありません

お祭り会場付近にあるパーキングエリアをマップに示しておきます。

住吉大社に有料駐車場がありますが、おそらくお祭り当日は規制がかかっているかと思います。

電車でのアクセス

電車の場合は、 南海本線住吉大社駅から徒歩3分南海高野線住吉東駅から徒歩5分阪堺線住吉鳥居前駅から徒歩すぐのところにあります。

住吉大社駅

住吉東駅

住吉鳥居前駅

スポンサーリンク

交通規制について

このお祭りでは交通規制が引かれています

公式サイトは、以下のように言っています。

住吉大社夏祭で周辺道路は大変混雑します
混雑による事故を防止するため交通規制が実施されます
多少ご不便をおかけしますが規制時間中は地域内に住居またはガレージのある方の車以外は通行禁止親類知人等の車も禁止になりますので皆様のご協力をお願いいたします

交通規制日時7月30日~8月1日 午後6時~午後10時頃

出典:住吉大社

具体的な交通規制情報は見当たりませんでしたが、少なくとも神輿が通るところ周辺は交通規制がかかるかと思います。

ちなみに神輿渡御のルートは次のようなるかと思います。

住吉祭りに近いおすすめのホテルは?

遠くから来る人のために、住吉祭りの会場に近いおすすめのホテルを紹介します!

ホテルバリタワー大阪天王寺

最安料金目安は、一人当たり3,379円~(大人2名利用時)となっており、最寄り駅は天王寺駅(徒歩3分)です。

ただし、実際は10,000円を超える部屋もあります。

天王寺駅~住吉大社駅までは約15分です。

天王寺公園やショッピングや食べる場所がこのホテルの周りに多くあるため観光にも向いているホテルとなります。

ホテルトラスティ大阪阿倍野

最安料金目安は、一人当たり3,472円~(大人2名利用時)となっており、最寄り駅は天王寺駅です。(こちらも10,000円以上の部屋有り)

天王寺駅と直結しており、アクセスが非常に良く、サービスが良いと人気のホテルです。

アパホテル<天王寺駅前>

最安料金目安は、一人当たり2,777円~(大人2名利用時)であり、最寄り駅の天王寺駅徒歩2分の所にあります。

料金は、大変リーズナブルであり、周りにも観光できる場所が多くあるためおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

今回、住吉祭りについて紹介しました。

茅の輪くぐりに参加したり、大和川を渡る大御輿を見たりと、このお祭りを満喫してみるのはどうでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする