谷口結香の顔画像は?酒気帯び運転で佐藤史菜さんをはね、死亡させる!

Pocket

8日、谷口結香容疑者(31)は、宮崎市吾妻町の市道を酒気帯び状態で運転をした疑いで逮捕されました。

それにより、佐藤史菜さん(23)が車ではねられ、死亡するといった大きな事故となってしまいました。

今回は、谷口容疑者の顔画像やプロフィール、勤務先について解説したいと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

8日午前4時半ごろ谷口結香容疑者(31)は、宮崎市吾妻町の市道を酒気帯び状態で運転をした疑いで逮捕されました。

また、事故も起きており、その事故により佐藤史菜さん(23)車ではねられ、病院に運ばれましたが、まもなく死亡したとのことです。

事故の詳細はこちらになります。

8日未明、宮崎市で道路を渡っていた女性が軽乗用車にはねられ死亡する事故がありました。
警察は軽乗用車を運転していた女を酒気帯び運転で現行犯逮捕しました。

事故があったのは宮崎市吾妻町の市道で8日午前4時半ごろ、近くに住む飲食店従業員の佐藤史菜さん23歳が走ってきた軽乗用車にはねられました。

佐藤さんは頭を強く打ち市内の病院に運ばれましたがまもなく死亡しました。

警察は基準値を超えるアルコールが検出されたため、軽乗用車を運転していた現場近くに住む飲食店従業員谷口結香容疑者31歳を酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。

現場は信号機や横断歩道のない交差点で警察で詳しい事故の原因などを調べています。

出典元:MRT宮﨑放送

酒気帯び運転により死者が出てしまったことは非常に残念なことですね。

信号機や横断歩道のない場所で事故が起きたようですが、酒気帯び運転でなきれば死亡事故にまでなることはなかったのかもしれないですね。

佐藤史菜さんのご冥福をお祈りします。

谷口結香の顔画像は?

谷口容疑者の顔画像ですが、残念ながらまだ公開されていませんでした。

公開され次第、こちらでも紹介させていただきたく思います。

また、谷口容疑者のFacebookアカウントがあるかも調べてみましたが、本人と特定できるものは見つかりませんでした。

気になる方は、検索結果のみ載せておきますのでご確認ください。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

スポンサーリンク

谷口結香のプロフィール

谷口容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 谷口結香
年齢 31歳
職業 飲食店従業員
住所 宮崎市吾妻町周辺
家族構成 不詳

谷口結香の勤務先は?

谷口容疑者は、飲食店で働いていたようですが、どこで働いていたのでしょうか?

谷口容疑者の住所付近の飲食店を調べてみました。

このように谷口容疑者の住所周辺には、多くの飲食店があり、特定とまでは至りませんでした。

自宅付近で働いていたとしたら、この中のどこかで働いていたのかもしれないですね。

詳しい情報が入り次第、加筆させていただきます。

スポンサーリンク

事故現場は?

今回、事故は宮崎市吾妻町の市道で起こりました。

事故現場の画像が公開されていましたので、載せておきます。

事故現場1

事故現場2

事故現場3

出典元:MRT宮﨑放送

また、今回の画像からストリートビューでも場所の特定を行いました。

画像には、「アサヒ青写真」というお店が見られます。

そこから、この辺りが今回事故が起きた場所ではないかと思われます。

そのため、今回事故が起きたのは、宮崎県宮崎市吾妻町62-3周辺だと思われます。

ネットの反応

飲酒運転による死亡事故では犯人は死刑でよいと思う。

事故ではなく悪質な無差別殺人である。

出典元:Yahoo!ニュース

亡くなったのは知り合いの娘さんです。
信じられません。飲酒運転本当にゆるせません。
色んなところで飲酒が問題になってますよね。
それでもなくならない···もっと罰を重くするべき!

出典元:Yahoo!ニュース

自分は大丈夫と思ったんだろう
時間を巻き戻したいと思ってるんだろう
でももう遅いんだよ。

出典元:Yahoo!ニュース

飲酒運転って車をスタートさせる前からの意図してやった事なんだし、死亡事故なら殺人罪でいいんじゃない?

出典元:Yahoo!ニュース

いつも飲酒運転してたんだろうね、罰があたったんだよ。

出典元:Yahoo!ニュース

今回、谷口容疑者への批判的な声が多く上がりました。

スポンサーリンク

まとめ

今回、谷口結香容疑者について解説しました。

今回の要点をまとめておきます。

8日午前4時半ごろ、宮崎市吾妻町で酒気帯び事故が起きる。
●その結果、佐藤史菜さんが車ではねられ、頭を強く打つ事故に。
●病院に運ばれたものの、まもなく死亡が確認される。
このような酒気帯び運転による事故は、お酒を飲んだら運転をしないという意思があれば防げた事故だったかと思います。
このような事故が少しでも少なくなる未来になることを祈ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする