塚本貴裕の顔画像やLINEの内容は?警官が元交際相手にストーカー行為!

Pocket

15日、塚本貴裕容疑者(23)が、元交際相手(20代)にLINEでしつこく復縁を迫った疑いで、逮捕されました。

今回は、LINEの内容や塚本容疑者の顔画像やプロフィール、所属していた警察署について解説します。

スポンサーリンク

事件の概要

15日塚本貴裕容疑者(23)が、元交際相手(20代)に対してLINEアプリで、しつこく復縁を迫った疑いで、逮捕されました。

事件の詳細です。

知人の女性に対し、無料通信アプリ「LINE」を通じてしつこく復縁を迫ったなどとして、愛知県警は15日、県警中村署地域課の巡査、塚本貴裕容疑者(23)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

出典元:朝日新聞デジタル

女性は一度、8日に県警にストーカー行為について相談していたようですが、塚本容疑者はその後も復縁を迫っていたようです。

その結果、今回逮捕に至ったようですね。

被害者女性は、長い間恐怖を感じていたことでしょうね。

LINEの内容

7日~14日の間、塚本容疑者は、次のような内容のLINEを送っていたようです。

「会わないなら家の前で待つ」

出典元:朝日新聞デジタル

「(自分が)捕まろうが死のうが、ええよ」

出典元:朝日新聞デジタル

また、夜に名古屋市内へ女性を呼び出して、次のような要求をしていたようです。

「友達でいいから関係を続けて欲しい」

出典元:朝日新聞デジタル

LINEの内容に鳥肌が立ってしまいそうですね。

このようなLINEが送られてきては満足に睡眠もとることができなかったでしょうね。

今回の事件がきっかけで、女性の方が男性不信やトラウマ的状況にならないと良いのですが、、、。

スポンサーリンク

塚本貴裕の顔画像は?

塚本容疑者の顔画像ですが、まだ公開されていませんでした。

公開され次第、載せさせていただきます。

また、塚本容疑者のFacebookアカウントがあるかも調べてみましたが、本人と特定できるものは見つかりませんでした。

気になる方は、検索結果のみ載せておきますのでご確認ください。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

塚本貴裕のプロフィール

塚本容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 塚本貴裕
年齢 23歳
職業 愛知県警中村署地域課の巡査
住所 名古屋市西区城西2

家族構成 不詳

家族についての情報は得られませんでした。

分かり次第、加筆させていただきます。

塚本貴裕の所属していた警察署は?

塚本貴疑者は、愛知県警中村署地域課に所属していたようです。

今回の事件が起きたことに、警察署の同僚や上司の方は嘆いていることでしょうね。

今回の事件がきっかけで、市民への信頼が無くならないと良いのですが、、、。

スポンサーリンク

今後の対処は?

今回の事件が起きたことで、県警はどのような対処をするのでしょうか?

県警は、今後、調査や捜査を徹底し、厳正に対処するそうです。

また、松田英視首席監察官は、次のように述べています。

「被害者と県民に深くおわびする」

出典元:朝日新聞デジタル

県民に示しをつけるためにも、厳正な対処をしてほしいですね。

どのような対処をしていくのかについては詳しい情報がありませんが、分かり次第、加筆させていただきます。

ネットの反応は?

ネットでは次のような反応が見られました。

「女一人」と「現在の自分の立場」を天秤にかけて考えられなかったのですかね。この場合は誰がどう考えてみても「現在の自分の立場」の方が重いでしょう。

出典元:Yahoo!ニュース

まあ、警察官である前にただの人間だったって事だね。
本当の警察官は、人間である前に自分が警察官だと思っているから。
それだけにストレスは異常なほど過剰だけどね。
そのストレスに負けた警察官は潰れるしかないのがさみしいけど、自ら選んだ道だから仕方無いのかな。

出典元:Yahoo!ニュース

最近、自転車の女子高生を押し倒したり、警察官の不祥事が多い。動物は春に発情するけど、警察官は秋が発情期なんですかね〜。
真面目に仕事して、常識があって、優しさと思いやりがあり、同棲したら家事も人並みにできる男性なら、しつこく復縁をせまらなくても、女性が放っておかないと思います。

出典元:Yahoo!ニュース

今回、塚本容疑者への批判的なコメントが多く見受けられました。

復縁したいという気持ちが強く、周りが見えなくなってしまっていたのかもしれませんね。

それにしても、最近、警官による犯罪が多いことはとても残念ですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回、塚本貴裕容疑者について解説しました。

県民のために働いているはずの警察官が、このような事件を起こしてしまったことは大変悲しいことですね。

このような事件が少しでも減ってくれることを願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする