八尋潤(内縁の夫)の顔画像は?8歳女児の両手を縛り、無理やり水風呂に。母親も逮捕!

Pocket

21日、八尋潤容疑者(29)と8歳女児の母親(29)が、小学2年の女児(8)の両手を縛って水風呂に無理やり入れ、ケガをさせた疑いで逮捕されました。

今回は、八尋容疑者と母親の顔画像やプロフィール、犯行動機などについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

1月24日午後2時45分ごろ~6時ごろ八尋潤容疑者(29)女児の母親(29)女児(8)を裸で無理やり水風呂に落としたり、押さえつけたりし、両手首にケガをさせた疑いで、今月21日に逮捕されました。

また、八尋容疑者は25日午前0時ごろにも、女児を数回殴ってけがをさせたとのことです。

事件の詳細はこちらになります。

小学2年の女児(8)の両手を縛って水風呂に入れ、けがをさせたなどとして、福岡県警は21日、同県筑紫野市のアルバイトの母親(29)と、同居する内縁関係の自営業、八尋潤容疑者(29)を傷害容疑で逮捕した。

逮捕容疑は共謀し、1月24日午後2時45分ごろから同6時ごろ、しつけと称し、自宅で女児の両手首を縛り、裸で無理やり水風呂に落としたり、押さえつけたりして両手首にけがをさせた。また、八尋容疑者は翌25日午前0時ごろ、女児を数回殴ってけがをさせたとしている。八尋容疑者は「水風呂に入れたり拳で殴ったりした」と容疑を認め、母親は「水風呂に入れる時に両肩を押さえた」などと話しているという。

25日に関係機関から「虐待の疑いがある」と福岡児童相談所に通告があり、児相が保護した上で県警に通報した。県警は女児が特定されるとして母親の氏名を非公表とした。

出典元:毎日新聞

最近、子供への虐待で大きな事件があったにもかかわらず、このような事件が再び起こってしまったことは大変残念に感じます。

子どもの命にかかわるような事態になる前に、事件が解決したことは幸いなことなのかもしれませんが、自らの親にこのような行為をされたという記憶は残り続けるでしょうし、心に大きな傷を残すような形になってしまったのではないでしょうか?

この子のこれからの人生が翳るようなことがないか心配ですね。

心のケアをし、周りの人にサポートしてもらいながら、早く安寧な暮らしに戻ってくれることを願います。

八尋潤の顔画像は?

八尋容疑者の顔画像ですが、まだ公開されていませんでした。

公開され次第、こちらでも紹介したいと思います。

また、八尋容疑者のFacebookアカウントがあるかも調べてみましたが、本人と特定できるものは見つかりませんでした。

気になる方は、検索結果のみ載せておきますのでご確認ください。
⇒Facebookアカウントの検索結果はこちら

また、母親の顔画像ですが、名前は公開されておらず、調査を進めることはできませんでした。

警察の方でも、女児の特定を防ぐ理由で、母親の名前を公表しないことを決定しているようなので、おそらく名前が今後、公表されることはないかと思われます。

スポンサーリンク

八尋潤のプロフィール

八尋容疑者のプロフィールをまとめておきます。

名前 八尋潤
年齢 29歳
職業 自営業
住所 福岡県筑紫野市
家族構成 内縁の夫とし、小学2年の女児(8)とその母親と同居していた。

八尋潤や母親の犯行動機は?

なぜ、八尋容疑者は女児にこのような行為をしてしまったのでしょうか?

報道によりますと、おねしょをしたという理由で、しつけの一環で水風呂に入れたり、殴ったりしたようです。

しかし、しつけとしては行き過ぎているように感じますね。

私は、このような行き過ぎたしつけになってしまったことには、他に理由があったからなのではないかと考えます。

まず、八尋容疑者は、女児の実の父親ではないという点です。

血のつながりがないという理由で、子どもを忌み嫌い、暴行するという事件は少なくありません

また、同居した時には、すでに妻と別の男性の間でできた子供がいるわけですから、父親になりきれていなかったことも窺えるかと思います。

それが理由で、行き過ぎたしつけへと発展してしまったという可能性もあり得るのではないでしょうか?

次に、八尋容疑者は、一般の会社員ではなく、自営業をしていたとのことですから考えることはたくさんあったでしょう。

もし、経営がうまくいっておらず、相当のストレスを溜めていたとしたら、その憂さ晴らしに子供にあたっていたという可能性もあるのかもしれません。

翌日にも、女児を殴っていることを見るに、ストレス発散に殴っていたという風に考えることもできる気がします。

では、母親はなぜ、八尋容疑者の行為を手伝うようなことをしてしまったのでしょうか?

私は、次のような理由を考えます。

■八尋容疑者の言うことに逆らうことができない状況にあったから。

■別れた男性との間にできた子供への愛情が憎しみに変わりつつあったから。

■虐待の自覚はなく、本当にしつけの一環であると思い込んでいたから。

これらはあくまで出ている情報から推測できるものに留まるもので、確かな情報はないことをご了承ください。

具体的な犯行動機について分かりましたら、加筆させていただきます。

スポンサーリンク

事件現場は?

事件は、福島県筑紫野市の小学女児の母親の自宅にて起こりました。

残念ながら、具体的な事件現場の画像については公開されていませんでした。

おそらくこちらも女児の特定防止のために自宅画像の公開がされることはないかと思われます。

しかし、万が一、公開されるようなことがあれば更新させていただきたく思います。

ネットの反応

ネットでは次のような反応が見られました。

今回、八尋容疑者と母親への批判的なコメントが多く上がりました。

女児のおねしょの原因も、ストレスからなのではないかと考えている方もおられました。

スポンサーリンク

まとめ

今回、八尋潤容疑者について解説しました。

このような悲劇が再び起こってしまったことは大変悲しい気持ちになりますね。

こういった家族内での出来事はなかなか発見しづらいものですが、子どもの微かなSOSに気付き、素早い対応を取れることが大事なのかもしれないですね。

このような事件が少しでも多く減ることを願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする