やわたんまち(安房国司祭)2018。日程やみどころは?屋台情報も紹介!

Pocket

9月中旬行われる「やわたんまち(安房国司祭)」についてまとめました。

安房地方では最大のお祭りと言われていますが、毎年、南房総市館山市にある11の神社が集結し、行われる大々的なお祭りです!

それでは、「やわたんまち」の詳細や見どころ、屋台情報やアクセス情報について紹介していきます♪

スポンサーリンク

やわたんまちとは

やわたんまちの様子

出典元:館山市公式サイト

そもそも「やわたんまち」とは、どういった意味なのでしょうか?

どうやら正確には名前の由来は分かっていないそうなんです。

しかし、「やわたん」「八幡」のことであり、「まち」は房州では「祭り」の意味から、「八幡祭り」のことではないかと考えられているみたいです。

このお祭りは、平安時代から続いているらしく、なんと約1000年の歴史があるようです!

別名「安房国司祭」と言われているように、このお祭りは平安時代にある国司が、「お祭りをしたい」ということで行われ始めたお祭りのようです。

そして、今では千葉県無形民族文化財にも指定されるようになりました!

実は、安房地方では、お祭りが年間を通して数えきれないくらい開催されているようです!

その中でも、「やわたんまち」は房州最大のお祭りと言われているみたいです!

毎年、なんと10万もの人たちがこのお祭りを見ようと押し寄せているようです。

初日は、11の神社の神輿が集まり、「もみ」「さし」を行いながら、激しくお神輿を揺らすところを見れるでしょう!

そして、次の日には、館山市内の5基の山車と1基の御船を見ることができます。

その後は、お浜出と神幸祭が行われ、このお祭りの絶頂期を迎えるでしょう!

2018年のやわたんまちの詳細

お祭り

今年のやわたんまちは9月15日(土)~16日(日)の合計二日間行われます。

雨の場合の開催については、詳しくは公開されていませんが、荒天の場合は中止になる可能性もあるので注意してください。

やわたんまち(2018)
日程 9月15日(土)~16日(日)
時間 15日 12:00~21:00

16日 11:00~21:00

開催場所 鶴谷八幡宮
住所 千葉県館山市八幡68
マップ
お問い合わせ 0470-22-1258(館山市観光協会)

イベントの詳細日程

今年のやわたんまちのイベントの詳細は、こちらになります。

日にちごとにまとめておきますので、ご確認ください。

9月15日(土)

時間 イベント内容 場所
9:30~ 神明神社、安房神社、洲宮神社の神輿が入祭 新宿
13:00~16:00 10社の神輿が入祭 鶴谷八幡宮
13:30~ 5台の山車と御船の集結 北条海岸無料駐車場
15:00~ 神明神社到着 神明町
16:30~ 神明神社出発 神明町
17:40~ 大田歯科医院前
18:20~ 南町交差点
18:50~ 神明神社に5台の山車と御船が入祭 新宿
19:00~ 六所祭
19:30~ 解散式

9月16日(日)

時間 イベント内容 場所
4:00~6:00 出祭各神社朝祈祷
11:00~ 祭典 鶴谷八幡宮
13:00~ 5台の山車と御船が集合 神尾印舗前
14:30~15:30 5台の山車と御船が宮入 鶴谷八幡宮
15:00~ 北条地区山車入祭の式典 鶴谷八幡宮
17:00~ 各社・神輿還御 鶴谷八幡宮
17:20~ 5台の山車と御船が集結 北条海岸無料駐車場
18:00~ 八幡宮の神輿がお浜出をし、神幸式 北条海岸無料駐車場
18:30~ 神輿が北条海岸無料駐車場を出発 北条海岸無料駐車場
19:20~ 解散式 館山駅西口
19:30~ 解散 館山駅西口

屋台は出るのか?

屋台

このお祭りでは、屋台も出ます

毎年、50店ほどの屋台が出るらしいので、子どもも楽しめるお祭りになっています!

スポンサーリンク

このお祭りの見どころは?

このお祭りの見どころは、やはりお神輿だと思います!

初日は、宮入の際に白装束の男衆が勢いよく走りながら、参入し、お神輿が「もみ」「さし」を繰り返す神輿振が見られるでしょう!

「もみ」は左右に大きく揺らすこと、「さし」は高々と上げることを意味します。

ここの神輿は2本棒構造になっているため、大きく左右に揺らすのに向いている構造なのかもしれません!

神輿同士が出会うと「せり合い」が行われ、より大きく神輿を見せようと「もみ」と「さし」が激しくなるところを見れるかと思います!

11基それぞれの神輿振は見ておくといいでしょう!

2日目には、5基の山車と1基の御船が宮入りします

特に、御船は館山市でもそこまで数が多くないそうなので、見ておきたいですね!

また、18:00頃には、駅前に山車と御船が集合するのですが、お囃子による演奏終了後には、六軒町の駅前を山車が勢いよく全力疾走で走り回るところを見れるでしょう!

遠心力で乗っている人が落ちないかハラハラするほどです。

観光客が轢かれないようにするために、警備員さんも大変でしょうね。

こちらは六軒町を走り回る山車の様子です。

すごい迫力ですよね!

今年も全力疾走する山車を見ることができるでしょう!

【追記】

今年のやわたんまちのみどころルートマップが発表されましたので、載せておきます。

見どころマップ

引用:http://bosotown.com

アクセスについて

アクセス方法と駐車場についてまとめておきます。

電車でのアクセス

JR館山駅から徒歩17分の所にお祭り開催場所である鶴谷八幡宮があります。

少し距離が離れているので、駅降車後はバスに乗るのもいいかもしれません。

バスを使う場合は、丸線平群線から八幡神社前まで行くバスが出ています。

八幡神社前下車、徒歩4分で鶴谷八幡宮に着きます。

車でのアクセス

冨津館山道路冨浦ICから約10分でたどり着くことができます。

しかし、お祭り公式の駐車場は設けていないようなのでご注意ください。

また、近くにコインパーキングも無いので、車で行くのは少し不便かもしれません。

さらに、お祭り当日は交通規制もあります

そのため、道路は混雑することも考えられます。

交通規制について

2018年のの「やわたんまち」の交通規制図が発表されていましたので、載せておきます。

やわたんまち 交通規制図

出典元:館山市公式サイト

車でお越しになる方は、交通規制に注意してお越しください。

スポンサーリンク

まとめ

1000年の歴史のある房州最大のお祭り。

11社の神輿振を見にこのお祭りを訪れてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする